MPS は、MNS のメッセージキューおよびメッセージ通知機能を完全にサポートしています。 以下にメッセージ通知サービスを例として取り上げます。 メッセージキューを使用してメッセージを受信する操作も、同様です。 利用前に、トランスコードメッセージ通知機能を有効化します。

  1. 通知トピックを作成します。

    MNS コンソール上で、同じリージョンにトピックを作成して、サブスクリプションを完了します。

    1. トピックを作成します。
      1. [トピック] をクリックします。
      2. リージョンを選択します。
      3. [トピックの作成] をクリックします。

      4. トピックの作成 ページで、 [トピック名] を入力します。

    2. サブスクリプションを作成します。
      1. [サブスクライブ] をクリックします。

      2. サブスクライブページで、[サブスクリプション名] および [エンドポイント] を入力します。

  2. MPS キューと通知の間の結びつきを設定します。
    1. MPS コンソールへログインします。
    2. [設定] をクリックします。
    3. リージョンを選択します。
    4. [MPS キュー] をクリックします。
    5. [メッセージ通知] をクリックします。

    6. [メッセージの種類] および [メッセージ名] をクリックします。

      MPS キューと通知は正常に結びつけられました。

  3. これで、メッセージ通知受信サービスを確立します。

    詳細については、「メッセージ通知機能の説明」をご参照ください。

  4. コンシューマーキューでのメッセージ操作

    MNS キューを使用しての MPS 完了メッセージ受信後、メッセージコンシューマーはメッセージを受信および削除する必要があります。

    • メッセージを受信する方法の詳細については、「キューメッセージを受信する」および「キューメッセージをまとめて受信する」をご参照ください

    • メッセージを削除する方法の詳細については、「キューメッセージを削除する」および「キューメッセージをまとめて削除する」をご参照ください。