コストメリット

Log Serviceは、3つのログ処理シナリオにより、下記のコスト上の利点があります:

  • LogHub:
    • 購入したクラウドホスト+クラウドディスクを使用してカフカを構築する場合と比較して、98%のシナリオでコスト効率の高い選択肢となります。 小規模のウェブサイトのカフカコストを30% 削減します。
    • RESTful APIの提供により、モバイルデバイス上のデータ収集をサポートし、ログ収集用のゲートウェイサーバーのコストを削減します。
    • いつでもどこにいても、メンテナンスフリーと自動スケーリングができます。
  • LogShipper:
    • コード/マシンリソースが不要で、柔軟な構成、豊富な監視データ。
    • リニアスケーラビリティ(1日あたりPB級)、現在無料で利用可能。
  • LogSearch/Analytics:
    • クラウドホスト+自己ビルドELKを購入するコストの15%以下で、クエリ機能とデータ処理規模を大幅に強化します。 詳しくは比較レポートをご参照ください。 上記のログ管理ソフトウェアソリューションよりも優れた選択肢としては、さまざまな ストリームコンピューティング+オフラインコンピューティングフレームワークをシームレスに統合することで、ログの妨げにならないようにします。

コスト比較

ご参考として、以下に課金モデルにおけるLog Serviceと自己構築ソリューションの比較例を記します。

LogHub (LogHub vs Kafka)

- フォーカス LogHub 自立ミドルウェア(Kafkaなど)
Use New Imperceptible O&M required
Expansion Imperceptible O&M required
Increase backups Imperceptible O&M required
Multitenancy Quarantine Might affect each other
费用 Internet collection (10 GB/day) USD 2/day USD 16.1/day
Internet collection (1 TB/day) USD 162/day USD 800/day
Intranet collection (small data size) - -
Intranet collection (moderate data size) - -
Intranet collection (large data size) - -

ログストレージとクエリエンジン

フォーカス LogSearch ES (Lucene Based) NoSQL Hive -
Scale Scale PB TB PB PB
Cost Store (USD/GB per day) 0.0115 3.6 0.02 0.035
Write (USD/GB) 0.35 5 0.4 0
Query (US $/GB) 0 0 0.2 0.3
Speed-query Millisecond level-second level Millisecond level-second level Within milliseconds In minutes
Speed-statistics Weak+ Relatively strong Weak Strong
Latency Write->queryable Real time In minutes Real time Ten-minute level

ここでの価格比較は、ソフトウェアソリューションがECSに導入され、3つのコピーが構成されているという事実に基づいて計算されています。

詳しくはクエリスキーム(ELK_Hive)の比較-ユーザーガイドをご参照くださいログクエリと分析で LogSearch/Analytics とELKを比較する