クラウドモニタリングは、HybridDB の CPU 使用量、メモリー使用量などをモニターすることにより、ユーザーが hybriddb インスタンスの使用量をモニターするのを助け、モニタリング項目にアラームルールを設定することを可能にします。 hybriddb を購入後、クラウドモニタリングは上記のモニタリング項目のデータを自動的に収集します。

モニター

  • モニタリング項目
    モニタリング項目 ディメンション 単位 最小モニター粒度
    ディスクの使用状況 ユーザーとインスタンス % 5 分
    接続の使い方 ユーザーとインスタンス % 5 分
    CPU 使用率 ユーザーとインスタンス % 5 分
    メモリ使用量 ユーザーとインスタンス % 5 分
    I/O スループット使用量 ユーザーとインスタンス % 5 分
    • モニターデータは最大 31 日間保存されます。
    • ユーザーはモニタリングデータを最大 14 日間連続して表示できます。
  • モニタリングデータの表示
    1. クラウドモニタリングコンソール へログインします。
    2. Cloud Service Monitoring の HybridDB インスタンスリストに移動します。
    3. インスタンス名またはアクション[モニタリングチャート] をクリックし、インスタンスモニタリング情報ページへアクセスし、さまざまなメトリックを表示します。
    4. ページ上部の [時間範囲クイック選択] ボタンまたは完全選択機能をクリックします。最大モニタリングデータサポートビューは連続 14 日間のモニタリングデータです。
    5. モニター MAP の右上角にあるズームインボタンをクリックして、モニターの大きい画像を表示します。

アラームサービス