グループ詳細ページには、障害リスト、アラーム履歴、アラームルール、グループリソース、イベント、およびグループリソースメトリックデータが含まれています。 このページを使って、アプリケーショングループの上記詳細をモニターすることができます。

グループリスト

CloudMonitor 上のすべてのアプリケーショングループは、各グループのリソースとヘルスステータスと共に、グループ詳細ページに表示されます。

パラメーター

  • グループ名 (または ID): アプリケーショングループの名前または識別番号。
  • ヘルスステータス: 任意のグループリソースのアラームステータス。 アプリケーショングループは、グループ内のどのリソースに対してもアクティブなアラームがトリガーされていない場合は正常ですが、グループ内のリソースのメトリックしきい値が満たされてアラームがトリガーされた場合は正常ではありません。
  • インスタンス数: アプリケーショングループ内の、ECS インスタンスと非 ECS インスタンス両方を含む、インスタンスの総数。
  • リソースタイプ: アプリケーショングループ内のリソースタイプの数。 たとえば、アプリケーショングループに ECS、ApsaraDB for RDS、および Server Load Balancer インスタンスが含まれている場合、この数は 3 です。
  • 異常状態のインスタンス: アプリケーショングループ内でアクティブなアラームが発生しているインスタンスの総数。 たとえば、2 つの ECS インスタンスと1つの ApsaraDB for RDS インスタンスにアクティブなアラームがある場合、異常なインスタンスの数は 3 です。
  • 作成時刻: アプリケーショングループが作成された時刻。
  • アクション: アプリケーショングループに適用できるアクション。 サポートされているアクションタイプは、管理、通知の停止、すべてのアラームルールの有効化と無効化、およびグループの削除です。

障害リスト

グループ内でアクティブなアラームを持つリソースは障害リストに表示され、異常なインスタンスを簡単に見分けられ、原因をすばやくトラブルシューティングするのに役立ちます。

  • リソースの複数のメトリックに同時にアクティブなアラームがある場合、障害リストにはリソースが複数回表示されます。 リストの各行は、アクティブなアラームを含むメトリックを示しています。
  • アクティブなアラームのあるアラームルールを無効にすると、そのルールに関連付けられているリソースとメトリックは、障害リストに表示されなくなります。

パラメーター

  • 障害のあるリソース: アクティブなアラームがあるリソース。
  • 開始時刻: リソースに対して最初のアラームが生成された時刻。
  • ステータス: リソースにアクティブなアラームがあるかどうかを示します。
  • 期間: 障害のリソースがアラーム状態にある期間。
  • アラームルール名: 障害のあるリソースに適用されるアラームルールの名前。
  • アクション: 障害のリソースに適用できるアクション。 [展開] をクリックすると、過去 6 時間にアクティブなアラームがある障害リソースのメトリック傾向が表示され、メトリックデータをアラームしきい値と比較できます。

アラーム履歴

アラーム履歴では、グループに適用されているすべてのアラームルールのアカウントが提供されます。

過去3日間のアラーム履歴をリクエストできます。 クエリの開始時刻と終了時刻の間隔が3日を超えると、システムから時間範囲を再選択するように求められます。

パラメーター

  • 障害のあるリソース: アクティブなアラームがあるリソース。
  • 期間: 障害のリソースがアラーム状態にある時間。
  • 発生時刻: アラームが発生した時刻。
  • アラームルール名:: 障害のリソースに適用されたアラームルール名。
  • 通知方法: SMS、Eメール、TradeManagerなど、アラーム通知を送信する方法。
  • プロダクトタイプ: 障害のリソースが属するプロダクトタイプ。
  • ステータス: アラームステータス、クリアステータス、ミュート状態など、アラームルールのステータス。
  • 通知先: アラーム通知を受け取る連絡先のグループ。

アラームルール

グループに適用されているすべてのアラームルールのリストが、アラームルールリストに表示されます。 リストから目的にかなったアラームルールを選択し、要件に基づいてルールを有効化、無効化、または変更できます。

アラームルールリストには、特定のアプリケーショングループに適用されているアラームルールのみが表示されます。"リソース範囲" が "すべてのリソース" または "インスタンス" に設定されているアラームルールは表示されません。

パラメーター

  • アラーム名: アラームルールを作成したときに指定したアラームルールの名前。

  • ステータス: アラームルールに関連付けられているリソースにアクティブなアラームがあるかどうかを表示します。

    • 標準状態: アラームルールに関連付けられているすべてのリソースが正常なことを示します。
    • アラーム状態: アラームルールに関連付けられている少なくとも 1 つのインスタンスにアクティブなアラームがあります。
    • データが不十分: アラームルールに関連付けられている少なくとも 1 つのインスタンスにデータ不足があり、どのインスタンスにもアクティブなアラームがありません。
  • 有効化: アラームルールが有効かどうかを示します。

  • プロダクト名: グループリソースが属するプロダクトの名前。
  • アラームの説明: アラームルール設定の簡単な説明。
  • アクション: オプションの操作には、変更有効化無効化削除、およびアラーム履歴があります。

    • 変更: クリックして、アラームルールを変更します。
    • 無効化: クリックして、アラームルールを無効にします。 アラームルールが無効になると、アラームサービスはメトリックデータがしきい値を超えているかどうかを確認しません。
    • 有効化: クリックして、アラームルールを有効にします。 以前に無効にしたアラームルールを有効にすると、アラームサービスはメトリックデータを確認し、アラームルールに基づいてアラームをトリガーするかどうかを決定します。
    • 削除: クリックして、アラームルールを削除します。
    • アラーム履歴: クリックして、アラームルールのアラーム履歴を表示します。

グループリソース

グループのすべてのリソースとこれらリソースの正常性条件を表示します。

パラメーター

  • インスタンス名 (または ID): リソースのインスタンス名または ID。
  • ヘルスステータス: 任意のグループリソースのアラーム状態。 アプリケーショングループは、グループ内のどのリソースに対してもアラームがトリガーされていない場合は正常ですが、グループ内のいずれかのリソースについてアラームがトリガーされている場合は異常です。

イベント

追加、変更、削除アクションなどのアラームルール操作イベントのアラーム履歴とレコードがサポートされているため、特定のアラームルールに対して実行された操作を追跡できます。

過去 90 日間のイベント情報をクエリできます。

パラメーター

  • 発生時刻: イベントが発生した時刻。
  • イベント名: イベントの名前。発生したアラームやクリアされたアラームなどのアラームイベント、あるいはアラームルールの作成、アラームルールの変更、アラームルールの削除などのシステムイベントがあります。
  • イベントタイプ: イベントのタイプ。システムイベントとアラームイベントに分けることができます。システムイベントの種類には、アラームルールの作成、アラームルールの削除、およびアラームルールの変更があります。 アラームイベントの種類には、発生したアラームとクリアされたアラームがあります。
  • イベントの詳細: イベントに関連した詳細情報。

グラフ

アプリケーショングループ詳細ページの下のエリアには、グループリソースのモニタリング詳細が表示されます。デフォルトでは、CloudMonitor は頻繁に使用されるメトリックデータを初期化します。 表示されるチャートタイプとメトリックデータを変更して、エリアをカスタマイズすることを選択できます。

ECS の OS メトリックスを取得するには、CloudMonitor エージェントをインストールする必要があります。

初期化されたメトリックデータ

デフォルトでは、CloudMonitor は次のアプリケーショングループデータを開始し、これらはすべて折れ線グラフに表示されます。 さらにメトリックデータを表示する場合、[Add Metric Chart] をクリックして、データにメトリックを追加します。

プロダクト メトリック グラフの種類 説明
ECS CPU使用率とアウトバウンド帯域幅 (インターネット) 折れ線グラフ グループ内の全サーバの集計データを表示します。
<td class="en-UStry align-left colsep-1 rowsep-1">ApsaraDB for RDS</td> CPU使用率、ディスク使用率、IOPS使用率、接続使用率 折れ線グラフ 単一のデータベースインスタンスのデータを表示します。
Server Load Balancer オウトバウンド帯域幅とインバウンド帯域幅 折れ線グラフ 単一の Server Load Balancer インスタンスのデータを表示します。
OSS ストレージサイズと GET/PUT リクエスト数 折れ線グラフ 単一のバケットのデータを表示します。
CDN ダウンストリーム帯域幅とヒット率 折れ線グラフ 単一ドメイン名のデータを表示します。
EIP アウトバウンド帯域幅 (インターネット) 折れ線グラフ 単一インスタンスのデータを表示します。
ApsaraDB for Redis メモリ使用率、接続使用率、およびQPS使用率 折れ線グラフ 単一インスタンスのデータを表示します。
ApsaraDB for MongoDB CPU使用率、メモリ使用率、IOPS使用率、および接続使用率 折れ線グラフ 単一インスタンスのデータを表示します。