ここでは、アプリケーショングループを作成してクラウドリソースをグループ化することでリソースとアラームルールをグループごとに管理する方法について説明します。

シナリオ

Alibaba Cloud で複数のプロダクトを購入済みの場合は、アプリケーショングループを作成することで一元的にグループ化することができます。 アプリケーショングループを使用すると、ビジネスモジュールに応じて、異なるリージョンのリソース (サーバー、データベース、オブジェクトストレージ、キャッシュなど) を管理することができます。 さらに、アラームルールの管理や、グループ化されたリソースのモニタリングデータの表示を容易に行うことができます。

アプリケーショングループモード

インスタンスは、動的モードまたは静的モードを使用してアプリケーショングループに追加できます。

  • 動的モード:アプリケーショングループを作成する際、名前ルールを満たすインスタンスが自動的にアプリケーショングループに追加されるようインスタンスの名前ルールを設定することができます。 将来、グループにインスタンスを追加またはグループから削除する場合は、インスタンス名を変更するだけでこれらの設定を完了できます。 現在、ECS、ApsaraDB for RDS、SLB インスタンスのみが動的モードに対応しています。
  • 静的モード:静的モードでは、アプリケーショングループに手動でインスタンスを追加する必要があります。

アプリケーショングループの作成

  • 各アプリケーショングループに最大 1,000 個のリソースインスタンスを追加できます。
  • 各アカウントで最大 5,000 個のアプリケーショングループを作成できます。

手順

  1. CloudMonitor コンソールにログインします。
  2. 左側のナビゲーションウィンドウで、[アプリケーショングループ] をクリックします。
  3. 表示されるページの右上隅にある [グループの作成] をクリックします。
  4. [基本情報] の入力:グループ名を入力し、アラーム通知を受信する 1 つ以上の連絡先グループを選択します。
  5. MonitorAlarm の設定 :1 つ以上のテンプレートを選択して、グループ内のインスタンスのアラームルールを初期化し (任意)、通知方法を選択します。 [エージェントインストールの初期化] スイッチをオンにした場合、モニタリングデータを収集するために CloudMonitor エージェントがグループ内のすべてのサーバーにインストールされます。
  6. [イベントモニター] の設定:[イベント通知の登録] チェックボックスを選択すると、グループ内の関連リソースでクリティカルレベルまたは警告レベルのイベントが発生した際、アラーム通知が送信されます。
  7. [インスタンスを動的に追加] の設定
    • 名前ルールを設定して、名前ルールに一致する ECS インスタンスを自動的にグループに追加することができます。 具体的には、名前に指定の単語を含むインスタンス、指定の単語で始まるインスタンス、指定の単語で終わるインスタンス (将来作成されるインスタンスを含む) が自動的にグループに追加されます。 最大 3 つのルールを追加でき、ルール間の関係は AND または OR になります。
    • ApsaraDB for RDS または SLB インスタンスのルールを追加するには、 [プロダクトの追加] をクリックします。
    • その他の Alibaba Cloud プロダクトのインスタンスを追加するには、アプリケーショングループを作成した後にそれらを手動で追加する必要があります。
  8. [アプリケーショングループの作成] をクリックします。