シナリオ

サーバー、データベース、オブジェクトストレージ、キャッシュなど、複数の Alibaba Cloud 製品からのリソースは、アプリケーショングループを作成することで一元的にグループ化できます。 アプリケーショングループを使用すると、アラームルールを簡単に管理し、これらのグループ化されたリソースのモニタリングデータを表示できます。

  • 各アプリケーショングループに最大 1,000 個のリソースインスタンスを追加できます。
  • 動的モードまたは静的モードを使用して、インスタンスをアプリケーショングループに追加できます。
    • 動的モード: アプリケーショングループを作成するときに、自身の名前規則を満たすインスタンスが自動的にアプリケーショングループに追加されるように、インスタンスの名前規則を設定できます。 将来グループにインスタンスを追加またはグループからインスタンスを削除する場合は、これらの設定を完了するためにインスタンス名を変更するだけで済みます。 現在、動的モードは ECS、ApsaraDB for RDS、および SLB インスタンスでサポートされています。
    • 静的モード: 静的モードでは、手動でアプリケーショングループにインスタンスを追加する必要があります。

手順

  1. CloudMonitor コンソール にログインします。
  2. 左側のナビゲーションウィンドウから、[アプリケーショングループ] をクリックします。
  3. 右上隅の [グループの作成]をクリックします。
  4. [基本情報] を入力します。グループ名を入力し、アラーム通知を受け取る連絡先グループを 1 つ以上選択します。
  5. [モニターアラーム] を設定します。 1 つ以上のテンプレートを選択し、グループ内 (オプション) にあるインスタンスのアラームルールを初期化し、通知方法を選択します。 [エージェントインストールの初期化] スイッチをオンにした場合、CloudMonitor エージェントはグループ内すべてのサーバーへインストールされ、データが収集されます。
  6. [イベントモニター] の設定: [イベント通知の登録] チェックボックスを選択すると、重大および警告レベルのイベントがグループ内の関連リソースで発生した場合、アラーム通知が送信されます。
  7. [インスタンスを動的に追加] を設定します。
    • 名前規則を設定して、名前規則に一致する ECS インスタンスを自動的にグループに追加することができます。 具体的には、将来のインスタンスを含め、指定した単語を含む、先頭で終わる、または末尾で終わるインスタンスが自動的にグループに追加されます。 最大 3 つのルールを追加でき、ルール間の関係は AND または OR になります。
    • ApsaraDB for RDS または SLB インスタンスのルールを追加するには、 [プロダクトの追加] をクリックします。
    • 他の Alibaba Cloud 製品のインスタンスを追加するには、アプリケーショングループを作成した後にそれらを手動で追加する必要があります。
  8. [アプリケーショングループの作成] をクリックします。