MNS はメッセージ通知をトピックごとにユーザーに対して、積極的にプッシュします。 HTTP サービスが一般公開されている場合、ユーザーは簡単にメッセージを受信することができます。

基本構造

ビデオのメディアリポジトリ通知の基本的な構造は次のとおりです。

  • 最上位層は MNS の構造本体です。

    MNS の定義と形式の詳細については、「MNS - 通知操作」をご参照ください。

  • MNS の message body は、メディアリポジトリの構造体です。

    message bodyを受信後、MNS はさらにメディアリポジトリのメッセージを解析します。 解析手順とサンプルコードの詳細については、「キューによるメッセージの受信」をご参照ください。

セキュリティ

トピック (通知) モードは便利です。 しかしながら、HTTP サービスが一般公開されているため、不正な呼び出しや攻撃を防止する必要があります。 送信されるメッセージが MNS によるものかどうかを特定する方法の詳細については、MNS のドキュメントの「エンドポイント署名認証」をご参照ください。