JavaScript ファイルとビデオファイルは異なるリージョンに格納されるため、JavaScript ファイルがアップロードされるとリージョン間のリクエストが発生します。 この場合、リージョン間の設定は OSS 上で実装する必要があります。 OSS 上でリージョン間の設定をしないと、Web 側より JavaScript を使用してファイルをアップロードすることはできません。

  1. 入力バケットの CORS 設定ページを開きます。

  2. ルールを追加します。

    • ソース

      JavaScript ファイルが展開されているリージョンの名前を入力します。 HTTP と HTTPS 両方でのアクセスが必要な場合は、それぞれ追加します。

    • メソッド

      [GET][POST][PUT][HEAD] のチェックボックスをオンにします。

    • 許可されたヘッダー

      * を入力します。

    • 公開ヘッダー

      「etag」 および 「x-oss-request-id」 を 2 行に入力します。