ファイルのアップロード

MPS コンソールまたは OSS 関連のアップロードツールを使用して、ビデオファイルをアップロードすることができます。 また、すべてのプラットフォームをカバーするアップロード SDK が提供されています。 詳細については、「アップロード SDK の利用方法」および「アップロード SDK のダウンロード」をご参照ください。 詳細については、「アップロード SDK の利用方法」および「アップロード SDK のダウンロード」をご参照ください。

  • MPS コンソールにビデオファイルをアップロードします。

    ワークフローの作成後、[メディアファイル] で指定したワークフローにビデオファイルをアップロードします。 ビデオはワークフローに関連付けされた入力パスに保存されます。 ビデオのアップロード後、ビデオを処理するためにワークフローが自動的に実行されます。

    1. MPS コンソールにログインします。
    2. リージョンを選択します。
    3. [ライブラリ] > [メディアファイル] の順にクリックします。
    4. [メディアのアップロード] をクリックします。

    5. アップロードページで、ワークフローを選択して、[ファイルの選択] をクリックします。

      アップロードの完了後、[さらにアップロード] をクリックすることにより、複数のビデオファイルをアップロードすることもできます。

      • Web アップロードは、マルチパートアップロード、再開可能なアップロード、および一括アップロードをサポートしています。
      • アップロードプロセスでは、MPS コンソールの他のページに切り替えることはできますが、ブラウザを閉じたり他のクラウド製品のコンソールにアクセスしたりしないでください。 その場合、アップロード処理が中断されます。
  • OSS ツールを使用してのメディアファイルアップロード。

    OSS コンソールクライアントを使用することを推奨します (公式な推奨)。

    • Windows 用のツールマーケット

    • Mac 用のツールマーケット
      ツールの使用方法は上記のリンクにあります。
    OSS コンソールクライアントを使用する場合は、対応するワークフローに関連付けされた入力パスにビデオファイルをアップロードして、自動ワークフロー実行を有効にします。

ワークフローの実行

ワークフローに関連付けられた入力パスへビデオがアップロードされると、ワークフローは自動的に実行されます。 各ワークフロー実行は実行インスタンスと呼ばれます。 特定のワークフローの実行インスタンスの状態を、実行済みタスク ページで照会することができます。

  1. [ライブラリ] > [ライブラリ設定] > [実行済みタスク] の順にクリックします。

  2. ワークフロー ID を選択します。
  3. [タスク] を選択し、右側にある[詳細] をクリックします。

    インスタンスの詳細は、[詳細] で確認することができます。