Linux および Unix システムは、ファイルを識別するために、ファイル名の代わりに inode 番号を使用します。 言い換えれば、ファイル名は識別しやすくするために使用される inode 番号の単なるエイリアスです。 ファイルを開くときに、システムが関連する処理は次のとおりです。

  1. システムはファイル名に対応する inode 番号を見つけます。
  2. システムはこの inode 番号を使用して inode 情報を取得します。
  3. システムは、inode 情報に基づいてファイルデータが格納されているブロックを特定し、そのデータを読み取ります。

すべてのファイルに inode が必要であるため、このディスクが完全にいっぱいになる前に、ハードディスクの inode のすべてが使用済となっている可能性があります。 このような場合、ハードディスク上に新しいファイルを作成することはできません。 したがって、inode 使用量メトリックの目的は、管理する inode 使用量をモニターして、前述のような問題を回避することです。

inode の使用量の詳細については、以下のコマンドを使用できます。
  • 各ハードディスクパーティションの inode の総数とすでに使用されている数を表示するには、df -i を使用できます。
  • 各 inode のサイズを表示するには、sudo dumpe2fs -h /dev/hda | grep "Inode size" を使用できます。