CloudMonitor は、CPU 使用率やメモリ使用率などの、ApsaraDB for MongoDB のステータスのモニタリングに役立つ複数のメトリックを提供しています。 また、CloudMonitor では、例外が発生した際にアラートを受信するよう当該メトリックのアラートルールを設定することが可能です。 ApsaraDB for MongoDB を購入すると、CloudMonitor が当該メトリックに基づいてデータを自動的に収集します。

モニタリングサービス

  • メトリック
    メトリック 説明 ディメンション 単位 最小頻度
    CPU 使用率 インスタンスのステータスを示します。 ユーザー、インスタンス、プライマリ/セカンダリノード % 5 分
    メモリ使用率 インスタンスのメモリ使用率を示します。 ユーザー、インスタンス、プライマリ/セカンダリノード % 5 分
    ディスク使用率 インスタンスのディスク使用率。 ユーザー、インスタンス、プライマリ/セカンダリノード % 5 分
    入出力操作/秒 (IOPS) 使用率 インスタンスの IOPS 使用率。 ユーザー、インスタンス、プライマリ/セカンダリノード % 5 分
    接続の使用率 現在のアプリケーションが接続しているインスタンスの割合。 アプリケーションが接続できるインスタンスの数は限られています。 このメトリックは、接続済みのインスタンスの割合を示します。 ユーザー、インスタンス、プライマリ/セカンダリノード % 5 分
    1 秒あたりの SQL クエリの平均 インスタンスの 1 秒あたりの SQL クエリの平均。 ユーザー、インスタンス、プライマリ/セカンダリノード カウント 5 分
    使用中の接続 現在のアプリケーションが接続するインスタンスの数。 ユーザー、インスタンス、プライマリ/セカンダリノード カウント 5 分
    インスタンスによるディスク占有量 インスタンスが占有する総ディスク容量。 ユーザー、インスタンス、プライマリ/セカンダリノード バイト 5 分
    データによるディスク占有量 データが占めるディスク占有量。 ユーザー、インスタンス、プライマリ/セカンダリノード バイト 5 分
    ログによるディスク占有量 ログが占めるディスク容量。 ユーザー、インスタンス、プライマリ/セカンダリノード バイト 5 分
    インバウンド内部ネットワークトラフィック インスタンスのインバウンドトラフィック。 ユーザー、インスタンス、プライマリ/セカンダリノード バイト 5 分
    アウトバウンド内部ネットワークトラフィック インスタンスのアウトバウンドトラフィック。 ユーザー、インスタンス、プライマリ/セカンダリノード バイト 5 分
    リクエスト数 サーバーに送信されたリクエストの総数。 ユーザー、インスタンス、プライマリ/セカンダリノード カウント 5 分
    挿入操作 インスタンスが最後に起動されてから受信した挿入コマンドの総数。 ユーザー、インスタンス、プライマリ/セカンダリノード カウント 5 分
    クエリ操作 インスタンスが最後に起動されてから受信したクエリコマンドの総数。 ユーザー、インスタンス、プライマリ/セカンダリノード カウント 5 分
    更新操作 インスタンスが最後に起動されてから受信した更新コマンドの総数。 ユーザー、インスタンス、プライマリ/セカンダリノード カウント 5 分
    削除操作 インスタンスが最後に起動されてから実行された削除操作の総数。 ユーザー、インスタンス、プライマリ/セカンダリノード カウント 5 分
    Getmore 操作 インスタンスが最後に起動されてから実行された getmore 操作の総数。 ユーザー、インスタンス、プライマリ/セカンダリノード カウント 5 分
    コマンド操作 インスタンスが最後に起動されてからデータベースに送信されたコマンドの総数。 ユーザー、インスタンス、プライマリ/セカンダリノード カウント 5 分
    インスタンスエラー イベントタイプのメトリック。 このメトリックのアラートルールを設定できます。 - - -
    • モニタリングデータは最大 31 日間保持されます。
    • モニタリングデータは最大 14 日間連続して表示できます。
  • モニタリングデータの表示
    1. CloudMonitor コンソールにログインします。
    2. 左側のナビゲーションウィンドウで、[クラウドサービスモニタリング] > [ApsaraDB for MongoDB] を選択します。 MongoDB ページが表示されます。
    3. インスタンスの ID をクリックするか、または [アクション] 列の [モニタリングチャート] をクリックして、インスタンスのモニタリングチャートを表示します。
    4. [時間範囲] で、事前設定されている期間を選択するか、または期間をカスタマイズします。 モニタリングデータは最大 14 日間連続して表示できます。
    5. 任意。 モニタリングチャートの右上隅にある拡大アイコンをクリックして、チャートを拡大します。

アラートサービス

  • 単一のインスタンスのアラートルールの設定
    1. CloudMonitor コンソールにログインします。
    2. 左側のナビゲーションウィンドウで、[クラウドサービスモニタリング] > [ApsaraDB for MongoDB] を選択します。 MongoDB ページが表示されます。
    3. インスタンスの ID をクリックするか、または [アクション] 列の [モニタリングチャート] をクリックして、インスタンスのモニタリングチャートを表示します。
    4. モニタリングチャートの右上隅にあるベルアイコンをクリックして、このインスタンスの対応するメトリックのアラートルールを設定します。
  • 複数のクラスターのアラートルールの同時設定
    1. CloudMonitor コンソールにログインします。
    2. 左側のナビゲーションウィンドウで、[クラウドサービスモニタリング] > [ApsaraDB for MongoDB] を選択します。 MongoDB ページが表示されます。
    3. 対象のインスタンスを選択し、リストの下にある [アラームルールの設定] をクリックし、選択したインスタンスの設定をします。
  • パラメーター

    アラートルールのパラメーターの詳細については、「アラームルールのパラメーター」をご参照ください。