アプリケーションシナリオ

カスタマイズモニタリングを使用すると、測定値とアラームルールをカスタマイズできます。

必要に応じてサービス測定値をモニタリングし、モニタリングデータを Cloud Monitor に報告できます。 Cloud Monitor はデータを処理し、測定値がしきい値を超えた場合は、結果に従ってアラームを生成します。

イベントモニタリングとカスタマイズモニタリングの違いは次のとおりです。

  • イベントモニタリングは、単一のイベントモニタリングデータをレポートおよび照会し、必要に応じてアラームを生成するために使用されます。
  • カスタマイズモニタリングは、定期的に収集された時系列モニタリングデータをレポートおよび照会し、必要に応じてアラームを生成するために使用されます。

モニタリングレポートの作成

詳しくは、 「モニタリングレポートの作成」 をご参照ください。

モニタリングデータの表示

カスタマイズモニタリングデータを表示するには、次の手順を実行します。

  1. Cloud Monitor コンソールにログインします。
  2. 左側のナビゲーションウィンドウで、[アプリケーショングループ] をクリックします。
  3. 対象のアプリケーショングループを探してグループ名をクリックします。
  4. 左側のナビゲーションウィンドウで、[カスタマイズモニタリング] をクリックします。
  5. 表示されたページで対象の測定値名をクリックします。
  6. 表示したいタイムシリーズオプションを選択します。

アラームルールの設定

  1. Cloud Monitor コンソールにログインします。
  2. 左側のナビゲーションウィンドウで、[アプリケーショングループ] をクリックします。
  3. 対象のアプリケーショングループを探してグループ名をクリックします。
  4. 左側のナビゲーションウィンドウで、[カスタマイズモニタリング] をクリックします。
  5. 対象の測定値名をクリックして対象のタイムシリーズオプションを選択します。
  6. "操作"[アラームルールの設定] をクリックします。
  7. 表示された アラームルールの作成のページでアラームルールの名前を入力し、該当する測定値、ディメンション、アラームポリシー、通知方法を選択します。