デフォルトでは、Cloud Monitor は初期化された ECS ダッシュボードを作成します。 ECS インスタンスの追加データを表示するには、ダッシュボードへグラフまたはテーブルを追加できます。 ここでは、Cloud Monitor のダッシュボードで利用可能ないくつかの一般的な種類のグラフについて説明します。

  • デフォルトの ECS ダッシュボードは、次の 7 種類のグラフを提供します。 CPU 使用率ネットワークインバウンド帯域幅ネットワークアウトバウンド帯域幅ディスク BPS ディスク IOPS ネットワークインバウンドトラフィック ネットワークアウトバウンドトラフィックがあります。
  • 各折れ線グラフは、最大 10 本の折れ線を表示できます。
  • 各エリアグラフには、最大 10 個のエリアを表示できます。
  • 各テーブルには、最大 1000 個のソート済みデータレコードを表示できます。
  • ヒートマップは、最大 1000 のカラーブロックを表示できます。

グラフパラメータ

  • グラフの種類
    • 折れ線グラフ: モニタリングデータの時系列表示。 複数のメトリクスを追加することができます。

    • エリアグラフ: モニタリングデータの時系列表示。 複数のメトリクスを追加することができます。

    • テーブル: リアルタイム測定データを降順で表示。 各テーブルは最大 1000 のデータレコードを表示でき、 最初の 1000 もしくは、最後から 1000 のデータレコードを表示します。 追加できる測定値は 1 つだけです。

    • ヒートマップ: リアルタイム測定データを表示。 ヒートマップは、複数のインスタンスに対する特定の測定値のリアルタイムデータの分布と比較を示します。 追加できる測定値は 1 つだけです。

    • 円グラフ: リアルタイム測定データを表示。データ比較に使用できます。 追加できる測定値は 1 つだけです。

  • ダッシュボード: Alibaba Cloud プロダクトをモニターします。
  • ログモニタリング: ログモニタリングによって追加された測定値。
  • カスタマイズ: カスタマイズモニタリングによって追加された測定値。
  • メトリクス: CPU 使用率やメモリ使用率などのモニタリング測定値。
  • 統計方法: 統計期間中に測定値を集計する方法。 一般的な統計的方法には、最大値、最小値、および平均値があります。
  • リソース: アプリケーショングループまたはインスタンスを使用し、リソースをフィルタリングし、それらのリソースのモニタリングデータを表示できます。

手順

  1. Cloud Monitor コンソールにログインします。
  2. 左のナビゲーションウインドウで [ダッシュボード] > [カスタマイズダッシュボード]をクリックします。
  3. ダッシュボードページの右上隅にある [ビューを追加] をクリックします。

  4. グラフの種類を選択します。
  5. [ダッシュボード] [ログモニタリング] [カスタマイズ] のタブの中から選択します。 この例では、 [ダッシュボード] タブをクリックします。
  6. 該当する Alibaba Cloud プロダクトを選択して、グラフの名前を入力してください。
  7. 測定値と統計方法を選択します。
    • 表示したい測定値を選択します。
    • 最大、最小、平均などから測定値データを集計する統計方法を選択します。
  8. 測定値を追加するには、 [測定値の追加] をクリックして上記の手順を繰り返します。
  9. [保存] をクリックします。 グラフがダッシュボードに表示されます。
  10. グラフのサイズを変更する場合は、グラフの右罫線、下罫線、または右下隅をドラッグします。