テスト

最終更新日: Nov 26, 2017

前の操作では、同期タスクを毎週火曜日の02:00に実行するように設定しました。タスクが送信された後、2日目からスケジューリングシステムの自動操作結果を表示できます。インスタンスのスケジュールと依存性が予期したとおりであるかどうかを確認するにはどうすればよいでしょうか?DataWorksは、テスト実行、データ集計、および定期実行の3つのトリガ方法を提供します。3つの方法の詳細は次のとおりです。

  • テスト実行:タスクは手動で始動されます。1つのタスクのタイミングと動作を確認する必要がある場合は、テスト実行をお勧めします。

  • データ集計:タスクは手動で始動されます。この方法は、複数のタスクのタイミングと依存性をチェックしたり、ルートタスクからデータ分析とコンピューティングを再実行する必要がある場合に適用されます。

  • 定期実行中:タスクが自動的に始動されます。タスクが正常に送信された後、スケジューリングシステムは、2日目の00:00から開始する異なる時点でタスクインスタンスを自動的に生成します。各インスタンスのアップストリームインスタンスがスケジュールされた時刻に正常に実行されたかどうかをチェックします。スケジュールされた時間にすべてのアップストリームインスタンスが正常に実行された場合、現在のインスタンスは手動による介入なしで自動的に実行されます。

注意:

スケジューリングシステムは、手動トリガモードと自動トリガモードの両方に適用される同じルールに基づいてインスタンスを定期的に生成します。

  • 期間は、毎月、毎週、毎日、毎時、または分単位で設定できます。スケジューリング・システムは、指定された日または指定された時刻にタスクのインスタンスを常に生成します。
  • スケジューリングシステムは、指定された日付のインスタンスのみを定期的に実行し、操作ログを生成します。
  • 指定した日付ではなく、実行されているインスタンスは実行されず、実行中の条件が満たされると、そのステータスが「成功」に直接変更されます。したがって、実行ログは生成されません。

次の手順では、これらの3つのトリガー方法を設定する方法を示します。より多くのタスクのO&M操作と機能の説明については、タスクO&Mを参照してください。

テスト実行

テスト実行を手動で始動

  1. フローページのテスト実行ボタンをクリックします。

    29

  2. ページで宣伝されているように、確認実行をクリックします。

    30

    20111

  3. タスク操作のステータスを表示するには、[ O&Mセンターに移動]をクリックします。

    32

テストインスタンスの情報と操作ログを表示する

タスク名をクリックして、インスタンスDAGを表示します。インスタンスDAGビューで、インスタンスを右クリックして、依存関係と詳細情報を表示します。また、インスタンスを終了または再実行することもできます。インスタンスDAGビューでは、インスタンスをダブルクリックすると、タスクの属性、実行ログ、操作ログ、およびコードを示すダイアログボックスが表示されます。

注意

  • テスト実行モードでは、タスクは手動でトリガされます。インスタンスは、インスタンスの上流依存性にかかわらず、設定された時間に達するとすぐにタスクが実行されます。

  • 前述のインスタンス生成ルールに従って、write_resultタスクを毎週火曜日の02:00に実行するように設定します。テスト実行の営業日が月曜日(営業日=実行日-1)の場合、インスタンスは02:00に実行されます。そうでない場合、インスタンスステータスは2:00に “Successful”に変更され、ログは生成されません。

データ母集団

手動でデータ集団を始動

複数のタスクのタイミングと依存性をチェックしたり、ルートタスクからデータ分析と計算を再実行する必要がある場合は、 O&Mセンター>タスクリスト>タスクスケジューリングページに移動してデータ母集団タスク を使用して、特定の期間の複数のタスクを実行します。

インストラクション

  1. O&M センター> タスクスケジューリングページにログオンし、タスク名を入力します。

  2. タスクのクエリ結果を選択し、データ母集団ボタンをクリックします。

  3. 2017年5月11日から2017年5月12日までデータ集団の営業日を設定し、insert_dataおよびwrite_resultノードタスクを選択して、 OK をクリックします。

  4. データ集団結果の表示をクリックします。

データ母集団インスタンスの情報および操作ログを表示

データ母集団インスタンス ページで、タスクインスタンスを見つけます。タスク名をクリックして、インスタンスDAGを表示します。インスタンスDAGビューで、インスタンスを右クリックして、依存関係と詳細情報を表示します。また、インスタンスを終了または再実行することもできます。インスタンスDAGビューでは、インスタンスをダブルクリックすると、タスクの属性、実行ログ、操作ログ、およびコードを示すダイアログボックスが表示されます。

注意

  • データ投入タスクのインスタンスは、前日のインスタンスに依存しています。たとえば、2017年9月15日から2017年9月18日までの期間内のデータ集計タスクの場合、15番目のインスタンスが実行に失敗した場合、16番目のインスタンスは実行されません。

  • 前述のインスタンス生成ルールに従って、write_resultタスクを毎週火曜日の02:00に実行するように設定します。データ集計中に選択されたビジネス日付が月曜日(サービス日付=実行日-1)の場合、インスタンスは02:00に実行されます。そうでない場合、インスタンスステータスは02:00に “Successful”に変更され、ログは生成されません。

周期的自動実行

周期的自動実行モードでは、スケジューリングシステムは、すべてのタスクスケジューリング構成に従ってタスクを自動的に始動します。したがって、ページには操作ポータルはありません。次のいずれかの方法でインスタンス情報と操作ログを表示できます。

  • O&M センター> タスクスケジューリング ページに移動し、サービスの日付や実行日などのパラメータを選択し、タスクwrite_resultに対応するインスタンスを検索し、インスタンスを右クリックして情報と操作ログを表示します。

  • タスク名をクリックして、インスタンスDAGを表示します。インスタンスDAGビューで、インスタンスを右クリックして、依存関係と詳細情報を表示します。また、インスタンスを終了または再実行することもできます。インスタンスDAGビューでは、インスタンスをダブルクリックすると、タスクの属性、実行ログ、操作ログ、およびコードを示すダイアログボックスが表示されます。

注意

  • タスクインスタンスの初期ステータスが「実行されていない」場合、スケジュールされた時間に達すると、スケジューリングシステムは、すべてのアップストリームインスタンスが成功したかどうかをチェックします。

  • インスタンスは、すべてのアップストリームインスタンスが成功し、スケジュールされた時間に達したときにのみ発動されます。

  • 実行されていない状態のインスタンスの場合、すべてのアップストリームインスタンスが成功し、スケジュールされた時間に達していることを確認します。