MPS キュー

現在、各ユーザーは、各サービスリージョンにつき 1 つの MPS キューを持つことができます。

各 MPS キュー内には、最大 10,000 のタスクが保持されます。

カスタムテンプレート

各ユーザーは、各サービスリージョンにつき 10 個のカスタムトランスコードテンプレートを作成することができます。

各ユーザーは、各サービスリージョンにつき 10 個のカスタムウォーターマークテンプレートを作成することができます。

メディアワークフロー

各ユーザーは、各サービスリージョンにつき最大 10 個のワークフローを作成することができます。

トランスコードタスク

ユーザーは 1 秒間に最大 100 回のタスクを送信することができます。

ユーザーは 1 秒間に最大 100 回のクエリを実行することができます。

API の説明セクションにおいて、オプションのパラメーター値や利用可能な仕様に関して、公式 Web サイトに記載されているリソースや仕様の制約に違いがある場合は、常に公式 Web サイトの情報が優先されます。