ここでは、MPS に関する用語を解説します。

基本概念

リージョン

リージョンは、Alibaba Cloud サービスノードです。 さまざまな Alibaba Cloud リージョンにサービスをデプロイすることで、より低遅延なサービスへのアクセスやユーザーエクスペリエンスの向上が可能になります。

OSS

OSS は Alibaba Cloud Object Storage Service の略です。 MPS は OSS に保存されているメディアファイルをコード変換します。出力ファイルも OSS に保存されます。

ローカルファイル

ローカルファイルは、デバイスにローカルに保存されており、まだ OSS にアップロードされていないメディアファイルです。

入力タスク

MPS では、入力タスクは入力ファイルを指します。

入力ファイル

入力ファイルは、OSS に保存したメディアファイルです。 OSS へアップロードされたローカルファイルも入力ファイルとして使用できます。

出力仕様

出力仕様は、テンプレート ID、透かしリスト、および出力ファイルを含む一連の要素で構成されています。

出力ファイル

出力ファイルは、MPS によって出力され、OSS に格納されるメディアファイルまたはファイルセットです。

タスク

ここで、タスクとは通常トランスコードタスクのことを指します。 単一のトランスコードタスクは、1 つの入力タスクと 1 つの出力仕様で構成されています。 これは、一意の ID によって識別されます。 タスクを送信するときは、MPS キューを指定する必要があります。 スケジューリングエンジンは、MPS キュー内のタスクを、トランスコード操作を実行するトラスンコードシステムにスケジュールします。 さらに、MPS は、分析タスク、スクリーンショットタスク、およびメディア情報タスクなど、他のいくつかの特別な種類のタスクを実行します。 これらのタスクでは、テンプレート分析、スクリーンショット、およびメディア情報取得機能がそれぞれ実行されます。 これらのタスクは MPS キューリソースを占有しません。

MPS キュー

MPS キューはタスクキューです。 コード変換タスクが MPS キューに入ると、MPS によるコード変換がスケジュールされます。 MPS キューはアクティブ状態または中断状態とすることができます。 中断状態の場合、MPS キューがアクティブ状態になるまで MPS はキュータスクをスケジュールしませんが、トランスコードが進行中のタスクは影響を受けません。

カスタムテンプレート

カスタムテンプレート (以下テンプレート) は、音声、ビデオ、およびコンテナパラメーターを含む、一連のカスタムトランスコードパラメーターです。 各テンプレートは一意の ID で識別されます。 各サービスリージョンにテンプレートを作成することができます。テンプレートは、それぞれのリージョンのすべてのトランスコードジョブに使用されます。

プリセットテンプレート

プリセットテンプレートは、MPS に固有のインテリジェントトランスコードテンプレートです。 テンプレートを使用して、トランスコード設定を入力ファイルの機能に合わせて動的に調整し、特定の帯域幅条件下で最適となる出力ファイルをユーザーに提供することができます。 MPS でサポートされていているプリセットテンプレートについては、「プリセットテンプレート」をご参照ください。

分析タスク

入力ファイルの間で違い (解像度、ビットレートなど) があるため、すべてのプリセットテンプレートがすべての入力ファイルに適しているとは限りません。 このため、プリセットテンプレートを使用する前に、SubmitAnalysisJob (SubmitAnalysisJob) インターフェイスを呼び出して、分析タスクを送信します。 分析タスクの結果には、特定の入力ファイルで使用することができるプリセットテンプレートのリストが表示されます。 このリストを取得するには、QueryAnalysisJobList インターフェイス (QueryAnalysisJobList) を呼び出します。 分析タスクによって返されるリスト内のプリセットテンプレートのみが、送信されたトランスコードの出力に適したパラメーターを持ちます。 このリストにないプリセットテンプレートを指定した場合、送信されたトランスコードタスクは失敗します。

ウォーターマーク

ウォーターマーク MPS は、 1 つの出力ファイルに対し最大 4 つの静的ウォーターマークをサポートしています。 ウォーターマークの位置、オフセット、サイズなどの相対的に固定されたパラメーターをウオーターマークテンプレートとして設定することができます。 ウォーターマークを出力ビデオに適用するには、出力設定でウォーターマークテンプレートとコンテンツパラメーターを設定します。

ウォーターマークテンプレート

ウォーターマーク設定は、可変パラメーター (ウォーターマークコンテンツ) と、相対的に固定されたパラメーター (透かし位置、オフセット、サイズ) のセットで構成されます。 後者のパラメーターは、一意の ID を持つウォーターマークテンプレートを構成します。

スクリーンショットタスク

スクリーンショットタスクは、入力ビデオファイルの指定された時間から、 JPG 形式のスクリーンショットを作成します。

MediaInfoJob

MediaInfoJob はメディア情報を取得します。

トランスコードプロセス