Logstash を使用して IIS ログを収集する前に、IIS ログフィールドが解析されるよう、構成ファイルを変更する必要があります。

ログサンプル

IIS ログ設定を表示し、W3C 形式 (デフォルトのフィールド設定) を選択し、フォーマットを保存して有効にします。
2016-02-25 01:27:04 112.74.74.124 GET /goods/list/0/1.html - 80 - 66.249.65.102 Mozilla/5.0+(compatible;+Googlebot/2.1;++http://www.google.com/bot.html) 404 0 2 703

ログ収集の設定

input {
  file {
    type => "iis_log_1"
    path => ["C:/inetpub/logs/LogFiles/W3SVC1/*.log"]
    start_position => "beginning"
  }
}
filter {
  if [type] == "iis_log_1" {
  #ignore log comments
  if [message] =~ "^#" {
    drop {}
  }
  grok {
    # check that fields match your IIS log settings
    match => ["message", "%{TIMESTAMP_ISO8601:log_timestamp} %{IPORHOST:site} %{WORD:method} %{URIPATH:page} %{NOTSPACE:querystring} %{NUMBER:port} %{NOTSPACE:username} %{IPORHOST:clienthost} %{NOTSPACE:useragent} %{NUMBER:response} %{NUMBER:subresponse} %{NUMBER:scstatus} %{NUMBER:time_taken}"]
  }
    date {
    match => [ "log_timestamp", "YYYY-MM-dd HH:mm:ss" ]
      timezone => "Etc/UTC"
  }    
  useragent {
    source=> "useragent"
    prefix=> "browser"
  }
  mutate {
    remove_field => [ "log_timestamp"]
  }
  }
}
output {
  if [type] == "iis_log_1" {
  logservice {
        codec => "json"
        endpoint => "***"
        project => "***"
        logstore => "***"
        topic => ""
        source => ""
        access_key_id => "***"
        access_key_secret => "***"
        max_send_retry => 10
    }
    }
}
  • 構成ファイルは、BOM なしの UTF-8 でエンコードする必要があります。Notepad++ をダウンロードして、ファイルのエンコード形式を変更します。
  • pathにはファイルパスを指定します。C:/test/multiline/*.logのように Unix 形式のファイル区切り文字を使用します。Unix 形式以外のファイル区切り文字を使用すると、ファジー一致を使用できません。
  • typeフィールドは統一させ、ファイル全体で一貫性が保たれている必要があります。また、マシンに Logstash 構成ファイルが複数ある場合、各構成ファイルの type フィールドは統一させます。統一されていない場合、データは正しく処理されません。

関連プラグイン: file および grok

Logstash を再起動して設定を適用

confディレクトリに構成ファイルを作成します。Logstash を再起動すると構成ファイルが適用されます。詳細は Logstash を Windows サービスに登録 をご参照ください。