edit-icon download-icon

Preset metric item reference

最終更新日: Dec 13, 2018

注意

“合計” は、統計期間に取得した値の合計です。たとえば、ECS インターネットトラフィック測定の場合、 単位は KB/分、統計期間は 5 分です。すると返される結果は、5 分間の合計トラフィックとなります。新しいバージョンのインターフェイスでは、ECS 基本メトリックデータを照会できますが、以前のバージョンのインターフェイスでは対応していません。OpenAPI では、過去 31 日間のメトリックデータを照会できます。各パラメーターのディメンションは JSON 文字列です (例: {"instanceId":"i-23gyb3kkd"})。

ECS メトリックリファレンス

基本メトリック

  • ECS 基本メトリックデータの取得と照会に、エージェントは必要ありません。

  • プロジェクトの名前は “acs_ecs_dashboard”、サンプリング期間は 60 秒、Period 値は 60 (または 60 の倍数の整数) です。

  • ディメンションの instanceId 値は、ECS インスタンスの instanceId です。

メトリック 説明 単位 ディメンション 統計
CPUUtilization CPU 使用率 パーセント instanceId 平均値、最小値、最大値
InternetInRate インバウンドパブリックネットワーク帯域幅 ビット/秒 instanceId 平均値、最小値、最大値
IntranetInRate インバウンドプライベートネットワーク帯域幅 ビット/秒 instanceId 平均値、最小値、最大値
InternetOutRate アウトバウンドパブリックネットワーク帯域幅 ビット/秒 instanceId 平均値、最小値、最大値
IntranetOutRate アウトバウンドプライベートネットワーク帯域幅 ビット/秒 instanceId 平均値、最小値、最大値
InternetOutRate_Percent アウトバウンドパブリックネットワーク帯域幅の使用率 % instanceId 平均値
DiskReadBPS システムディスク合計読み取り BPS Bps instanceId 平均値、最小値、最大値
DiskWriteBPS システムディスク合計書き込み BPS Bps instanceId 平均値、最小値、最大値
DiskReadIOPS システムディスク読み取り IOPS 件/秒 instanceId 平均値、最小値、最大値
DiskWriteIOPS システムディスク書き込み IOPS 件/秒 instanceId 平均値、最小値、最大値
VPC_PublicIP_InternetInRate VPC - インバウンドパブリックネットワーク帯域幅 ビット/秒 instanceId 平均値、最小値、最大値
VPC_PublicIP_InternetOutRate VPC - アウトバウンドパブリックネットワーク帯域幅 ビット/秒 instanceId 平均値、最小値、最大値
VPC_PublicIP_InternetOutRate_Percent VPC - アウトバウンドパブリックネットワーク帯域幅の使用率 % instanceId 平均値

オペレーティングシステムのメトリック

新しいエージェントバージョンのメトリック

  • 最小期間値は 15 秒です。
メトリック 説明 単位 ディメンション 統計
cpu_idle Host.cpu.idle、アイドル状態の CPU の割合  % instanceId 平均値、最小値、最大値
cpu_system Host.cpu.system、現在のカーネル空間の CPU 使用率 % instanceId 平均、最小値、最大値
cpu_user Host.cpu.user、現在のユーザー空間の CPU 使用率 % instanceId 平均、最小値、最大値
cpu_wait Host.cpu.iowait、I/O 操作を待機している CPU の割合 % instanceId 平均値、最小値、最大値
cpu_other Host.cpu.other、その他の項目の CPU 使用率。その他のタイプの CPU 消費は、Nice + SoftIrq + Irq + Stolen という式で計算されます。 % instanceId 平均値、最小値、最大値
cpu_total Host.cpu.total、現在の合計 CPU 使用率 % instanceId 平均値、最小値、最大値
memory_totalspace Host.mem.total、メモリの合計 バイト instanceId 平均値、最小値、最大値
memory_usedspace Host.mem.used、使用中のメモリ。<ユーザープログラムによって占有されるメモリ> + <バッファー> + <キャッシュ> という式で計算されます。<バッファー> はバッファーによって占有されるメモリを、<キャッシュ> はキャッシュによって占有されるメモリを示します。 バイト instanceId 平均値、最小値、最大値
memory_actualusedspace Host.mem.actualused、ユーザーによって占有されるメモリ。<使用済み> - <バッファー> - <キャッシュ> という式で計算されます。 バイト instanceId 平均値、最小値、最大値
memory_freespace Host.mem.free、使用可能なメモリの合計 バイト instanceId 平均値、最小値、最大値
memory_freeutilization Host.mem.freeutilization、使用可能なメモリの割合 % instanceId 平均値、最小値、最大値
memory_usedutilization Host.mem.usedutilization、メモリ使用率 % instanceId 平均値、最小値、最大値
load_1m Host.load1、過去 1 分間の平均システム負荷。Windows では、このメトリックを使用できません。 なし instanceId 平均値、最小値、最大値
load_5m Host.load5、過去 5 分間の平均システム負荷。Windows では、このメトリックを使用できません。 なし instanceId 平均値、最小値、最大値
load_15m Host.load15、過去 15 分間の平均システム負荷。Windows では、このメトリックを使用できません。 なし instanceId 平均値、最小値、最大値
diskusage_used Host.diskusage.used、使用中のディスクスペース バイト instanceId、device 平均値、最小値、最大値
diskusage_utilization Host.disk.utilization、ディスク使用率 % instanceId、device 平均値、最小値、最大値
diskusage_free Host.diskusage.free、使用可能なディスクスペース バイト/秒 instanceId、device 平均値、最小値、最大値
diskusage_total Host.diskussage.total、合計ディスクストレージ バイト instanceId、device 平均値、最小値、最大値
disk_readbytes Host.disk.readbytes、1 秒あたりのディスクからの読み取りバイト数 バイト/秒 instanceId、device 平均値、最小値、最大値
disk_writebytes Host.disk.writebytes、1 秒あたりのディスクからの書き込みバイト数 バイト/秒 instanceId、device 平均値、最小値、最大値
disk_readiops Host.disk.readiops、ディスクに送信される 1 秒あたりの読み取りリクエスト数 リクエスト/秒 instanceId、device 平均値、最小値、最大値
disk_writeiops Host.disk.writeiops、ディスクに送信される 1 秒あたりの書き込みリクエスト数 リクエスト/秒 instanceId、device 平均値、最小値、最大値
fs_inodeutilization Host.fs.inode、inode 使用率 % instanceId、device 平均値、最小値、最大値
networkin_rate Host.netin.rate、ネットワークアダプターが 1 秒あたりに受信するビット数 (つまり、ネットワークアダプターのアップリンク帯域幅)。 ビット/秒 instanceId、device 平均値、最小値、最大値
networkout_rate Host.netout.rate、ネットワークアダプターが 1 秒あたりに送信するビット数 (つまり、ネットワークアダプターのダウンリンク帯域幅)。 ビット/秒 instanceId、device 平均値、最小値、最大値
networkin_packages Host.netin.packages、ネットワークアダプターが 1 秒あたりに受信するパケット数 パケット/秒 instanceId、device 平均値、最小値、最大値
networkout_packages Host.netout.packages、ネットワークアダプターが 1 秒あたりに送信するパケット数 パケット/秒 instanceId、device 平均値、最小値、最大値
networkin_errorpackages Host.netin.errorpackage、ドライブによって検出された受信エラーパケットの数 パケット/秒 instanceId、device 平均値、最小値、最大値
networkout_errorpackages Host.netout.errorpackages、ドライブによって検出された送信エラーパケットの数 パケット/秒 instanceId、device 平均値、最小値、最大値
net_tcpconnection Host.tcpconnection、各種状態 (LISTEN、SYN_SENT、ESTABLISHED、SYN_RECV、FIN_WAIT1、CLOSE_WAIT、FIN_WAIT2、LAST_ACK、TIME_WAIT、CLOSING、CLOSED など) の TCP 接続の数 接続数 instanceId、state 平均値、最小値、最大値

ApsaraDB for RDS メトリックリファレンス

  • プロジェクトの名前は “acs_rds_dashboard”、デフォルトのサンプリング期間は 300 秒、Period 値は 300 (または 300 の倍数の整数) です。

  • RDS コンソールで 1 分間隔のモニタリング頻度が有効な場合、サンプルの最小期間は 60 秒です。

  • ディメンションの instanceId 値は、RDS インスタンスの instanceId です。

メトリック 説明 単位 ディメンション 統計
CpuUsage CPU 使用率 パーセント instanceId、type= CpuUsage 平均値、最小値、最大値
DiskUsage ディスク使用率 パーセント instanceId、type= DiskUsage 平均値、最小値、最大値
IOPSUsage IOPS 使用率 パーセント instanceId、type= IOPSUsage 平均値、最小値、最大値
ConnectionUsage 接続使用率 パーセント instanceId、type= ConnectionUsage 平均値、最小値、最大値
DataDelay 読み取り専用インスタンスのレイテンシ instanceId、type=DataDelay 平均値、最小値、最大値
MemoryUsage メモリ使用率 パーセント instanceId、type= MemoryUsage 平均値、最小値、最大値
MySQL_NetworkInNew Mysql1 秒あたりのインバウンドネットワークトラフィック ビット/秒 instanceId 平均値、最小値、最大値
MySQL_NetworkOutNew Mysql1 秒あたりのアウトバウンドネットワークトラフィック ビット/秒 instanceId 平均値、最小値、最大値
SQLServer_NetworkInNew SQLServer - 1 秒あたりのインバウンドネットワークトラフィック ビット/秒 instanceId 平均値、最小値、最大値
SQLServer_NetworkOutNew SQLServer - 1 秒あたりのアウトバウンドネットワークトラフィック ビット/秒 instanceId 平均値、最小値、最大値

Server Load Balancer メトリックリファレンス

  • プロジェクトの名前は “acs_slb_dashboard”、サンプリング期間は 60 秒、Period 値は 60 (または 60 の倍数の整数) です。

  • ディメンションの instanceId 値は、Server Load Balancer インスタンスの instanceId です。

  • ディメンションの port 値は、Server Load Balancer インスタンスのポート番号です。

  • ディメンションの vip 値は、Server Load Balancer インスタンスのサービスアドレスです。

レイヤ-4 プロトコルメトリック

メトリック 説明 単位 ディメンション 統計
HeathyServerCount 正常なバックエンド ECS インスタンスの数 instanceId 平均値、最小値、最大値
UnhealthyServerCount 障害のあるバックエンド ECS インスタンスの数 instanceId 平均値、最小値、最大値
PacketTX ポートの 1 秒あたりの送信パケット数 件/秒 instanceId、port、vip 平均値、最小値、最大値
PacketRX ポートの 1 秒あたりの受信パケット数 件/秒 instanceId、port、vip 平均値、最小値、最大値
TrafficRXNew ポートの 1 秒あたりのインバウンドデータ量 ビット/秒 instanceId、port、vip 平均値、最小値、最大値
TrafficTXNew ポートの 1 秒あたりのアウトバウンドデータ量 ビット/秒 instanceId、port、vip 平均値、最小値、最大値
ActiveConnection ポート上のアクティブな接続数 (Server Load Balancer にアクセスするためにクライアントがセットアップした接続の数) instanceId、port、vip 平均値、最小値、最大値
InactiveConnection ポート上の非アクティブな接続数 (Server Load Balancer へのアクセス後にアイドルとなっている接続の数) instanceId、port、vip 平均値、最小値、最大値
NewConnection ポート上の新規接続の数 instanceId、port、vip 平均値、最小値、最大値
MaxConnection ポート上の同時接続数 instanceId、port、vip 平均値、最小値、最大値
DropConnection モニタリング中の 1 秒あたりの破棄された接続数 件/秒 instanceId、port、vip 平均値、最小値、最大値
DropPacketRX モニタリング中に破棄された 1 秒あたりの受信パケット数 件/秒 instanceId、port、vip 平均値、最小値、最大値
DropPacketTX モニタリング中に破棄された 1 秒あたりの送信パケット数 件/秒 instanceId、port、vip 平均値、最小値、最大値
DropTrafficRX モニタリング中に破棄された 1 秒あたりの受信ビット数 ビット/秒 instanceId、port、vip 平均値、最小値、最大値
DropTrafficTX モニタリング中に破棄された 1 秒あたりの送信ビット数 ビット/秒 instanceId、port、vip 平均値、最小値、最大値
InstanceActiveConnection インスタンスの 1 秒あたりのアクティブな接続数 件/秒 instanceId 平均値、最小値、最大値
InstanceDropConnection インスタンスの 1 秒あたりの破棄された接続数 件/秒 instanceId 平均値、最小値、最大値
InstanceDropPacketRX インスタンスの 1 秒あたりの破棄された受信パケット数 件/秒 instanceId 平均値、最小値、最大値
InstanceDropPacketTX インスタンスの 1 秒あたりの破棄された送信パケット数 件/秒 instanceId 平均値、最小値、最大値
InstanceDropTrafficRX インスタンスの 1 秒あたりの破棄された受信ビット数 ビット/秒 instanceId 平均値、最小値、最大値
InstanceDropTrafficTX インスタンスの 1 秒あたりの破棄された送信ビット数 ビット/秒 instanceId 平均値、最小値、最大値
InstanceInactiveConnection インスタンスの 1 秒あたりの非アクティブな接続数 件/秒 instanceId 平均値、最小値、最大値
InstanceMaxConnection インスタンスの 1 秒あたりの同時接続最大数 件/秒 instanceId 平均値、最小値、最大値
InstanceNewConnection インスタンスの 1 秒あたりの新規接続数 件/秒 instanceId 平均値、最小値、最大値
InstancePacketRX インスタンスの 1 秒あたりの受信パケット数 件/秒 instanceId 平均値、最小値、最大値
InstancePacketTX インスタンスの 1 秒あたりの送信パケット数 件/秒 instanceId 平均値、最小値、最大値
InstanceTrafficRX インスタンスの 1 秒あたりの受信ビット数 ビット/秒 instanceId 平均値、最小値、最大値
InstanceTrafficTX インスタンスの 1 秒あたりの送信ビット数 ビット/秒 instanceId 平均値、最小値、最大値

レイヤ-7 プロトコルメトリック

メトリック 説明 単位 ディメンション 統計
Qps レイヤ-7 プロトコルのポート単位 QPS 件/秒 instanceId, port, vip 平均値
Rt レイヤ-7 プロトコルのポート単位 RT ms instanceId, port, vip 平均値
StatusCode2xx レイヤ-7 プロトコルのポート単位ステータスコード 2XX 件/秒 instanceId, port, vip 平均値
StatusCode3xx レイヤ-7 プロトコルのポート単位ステータスコード 3XX 件/秒 instanceId, port, vip 平均値
StatusCode4xx レイヤ-7 プロトコルのポート単位ステータスコード 4XX 件/秒 instanceId, port, vip 平均値
StatusCode5xx レイヤ-7 プロトコルのポート単位ステータスコード 5XX 件/秒 instanceId, port, vip 平均値
StatusCodeOther レイヤ-7 プロトコルのポート単位ステータスコード その他 件/秒 instanceId, port, vip 平均値
UpstreamCode4xx レイヤ-7 プロトコルのポート単位アップストリームステータスコード 4xx 件/秒 instanceId, port, vip 平均値
UpstreamCode5xx レイヤ-7 プロトコルのポート単位アップストリームステータスコード 5xx 件/秒 instanceId, port, vip Average
UpstreamRt レイヤ-7 プロトコルのポート単位アップストリーム RT ms instanceId, port, vip 平均値
InstanceQps レイヤ-7 プロトコルのインスタンス単位 QPS 件/秒 instanceId 平均値
InstanceRt レイヤ-7 プロトコルのインスタンス単位 RT ms instanceId 平均値
InstanceStatusCode2xx レイヤ-7 プロトコルのインスタンス単位ステータスコード 2XX 件/秒 instanceId 平均値
InstanceStatusCode3xx レイヤ-7 プロトコルのインスタンス単位ステータスコード 3XX 件/秒 instanceId 平均値
InstanceStatusCode4xx レイヤ-7 プロトコルのインスタンス単位ステータスコード 4XX 件/秒 instanceId 平均値
InstanceStatusCode5xx レイヤ-7 プロトコルのインスタンス単位ステータスコード 5XX 件/秒 instanceId 平均値
InstanceStatusCodeOther レイヤ-7 プロトコルのインスタンス単位ステータスコード その他 件/秒 instanceId 平均値
InstanceUpstreamCode4xx レイヤ-7 プロトコルのインスタンス単位アップストリームステータスコード 4XX 件/秒 instanceId 平均値
InstanceUpstreamCode5xx レイヤ-7 プロトコルのインスタンス単位アップストリームステータスコード 5XX 件/秒 instanceId 平均値
InstanceUpstreamRt レイヤ-7 プロトコルのインスタンス単位アップストリーム RT ms instanceId 平均値

OSS メトリックリファレンス

詳細については、 メトリック項目リファレンスを参照してください。

EIP メトリックリファレンス

  • プロジェクトの名前は “acs_vpc_eip”、サンプリング期間は 60 秒、Period 値は 60 (または 60 の倍数の整数) です。

  • ディメンションの instanceId 値は、EIP インスタンスの instanceId です。

  • ディメンションの ip 値は、EIP インスタンスの IP アドレスです。

メトリック 説明 単位 ディメンション 統計
net_tx.rate アウトバウンド帯域幅 ビット/秒 instanceId
net_rx.rate アウトバウンド帯域幅 ビット/秒 instanceId
net.txPkgs 送信パケット数 instanceId 平均値、最小値、最大値
net.rxPkgs 受信パケット数 instanceId 平均値、最小値、最大値

ApsaraDB for Redis のメトリックリファレンス

  • プロジェクトの名前は “acs_kvstore”、サンプリング期間は 60 秒、Period 値は 60 (または 60 の倍数の整数) です。

  • ディメンションの instanceId 値は、ApsaraDB for Redis インスタンスの instanceId です。

メトリック 説明 単位 ディメンション 統計
MemoryUsage 使用中のメモリの割合 パーセント instanceId 平均値、最小値、最大値
ConnectionUsage 使用中の接続の割合 パーセント instanceId 平均値、最小値、最大値
IntranetInRatio 書き込み操作で消費された帯域幅の割合 パーセント instanceId 平均値、最小値、最大値
IntranetOutRatio 読み取り操作で消費された帯域幅の割合 パーセント instanceId 平均値、最小値、最大値
IntranetIn 書き込み速度 ビット/秒 instanceId 平均値、最小値、最大値
IntranetOut 読み取り速度 ビット/秒 instanceId 平均値、最小値、最大値
FailedCount ApsaraDB for Redis で失敗した操作の数 件/秒 instanceId 平均値、最小値、最大値
CpuUsage CPU 使用率 パーセント instanceId 平均値、最小値、最大値
UsedMemory 使用中のメモリ バイト instanceId 平均値、最小値、最大値

Message Service メトリックリファレンス

  • プロジェクトの名前は “acs_messageservice_new”、サンプリング期間は 300 秒、Period 値は 300 (または 300 の倍数の整数) です。

  • ディメンションの region 値は、キューが置かれているリージョンです。

  • ディメンションの queue 値は、キューの名前です。

メトリック 説明 単位 ディメンション 統計
ActiveMessages アクティブなメッセージの数 region、queue 平均値、最小値、最大値
InactiveMessages 非アクティブなメッセージの数 region、queue 平均値、最小値、最大値
DelayMessages 遅延メッセージの数 region、queue 平均値、最小値、最大値

Alibaba Cloud CDN メトリックリファレンス

  • プロジェクトの名前は “acs_cdn”、サンプリング期間は 300 秒、Period 値は 300 (または 300 の倍数の整数) です。

  • ディメンションの instanceId 値は、CDN ドメインです。

メトリック 説明 単位 ディメンション 統計
QPS 1 秒あたりのクエリ数、つまり特定時間内のアクセスリクエスト総数を、その時間で割った数字 件数 instanceId 平均値、最小値、最大値
BPS ピーク帯域幅、つまり単位時間あたりの最大ネットワークトラフィック ビット/秒 instanceId 平均値、最小値、最大値
hitRate バイトヒット率、つまり特定時間内にキャッシュにヒットしたリクエストのバイト数の割合 パーセント instanceId 平均値、最小値、最大値
code4xx 特定時間内の HTTP リターンコード 4xx の割合 パーセント instanceId 平均値、最小値、最大値
code5xx 特定時間内の HTTP リターンコード 5xx の割合 パーセント instanceId 平均値、最小値、最大値
InternetOut ダウンストリームトラフィック バイト 平均値、最小値、最大値

ApsaraDB for MongoDB のメトリックリファレンス

  • プロジェクトの名前は “acs_mongodb”、サンプリング期間は 300 秒、Period 値は 300 (または 300 の倍数の整数) です。

  • ディメンションの role 値は、マスターまたはスレーブのインスタンスを示す “Primary” または “Secondary” です。

メトリック メトリック名 説明 単位 ディメンション 統計
CPUUtilization CPU 使用率 インスタンスの CPU 使用率 % userId、instanceId、role 平均値、最小値、最大値
MemoryUtilization メモリ使用率 インスタンスのメモリ使用率 % userId、instanceId、role 平均値、最小値、最大値
DiskUtilization ディスク使用率 インスタンスのディスク使用率 % userId、instanceId、role 平均値、最小値、最大値
IOPSUtilization IOPS 使用率 インスタンスの IOPS 使用率 % userId、instanceId、role 平均値、最小値、最大値
ConnectionUtilization Connection usage 使用中の接続の割合 % userId、instanceId、role 平均値、最小値、最大値
QPS Average SQL queries per second 1 秒あたりの MongoDB インスタンスの平均 SQL クエリ数 クエリ数 userId、instanceId、role 平均値、最小値、最大値
ConnectionAmount Connections in use アプリケーションが現在 MongoDB インスタンスと確立している接続の数 接続数 userId、instanceId、role 平均値、最小値、最大値
InstanceDiskAmount Disk space used by instance インスタンス自体が使用しているディスクスペース バイト userId、instanceId、role 平均値、最小値、最大値
DataDiskAmount Disk space used by data データが使用しているディスクスペース バイト userId、instanceId、role 平均値、最小値、最大値
LogDiskAmount Disk space used by logs ログが使用しているディスクスペース バイト userId、instanceId、role 平均値、最小値、最大値
IntranetIn Inbound network traffic インスタンスのインバウンドネットワークトラフィック バイト userId、instanceId、role 平均値、最小値、最大値
IntranetOut Outbound network traffic インスタンスのアウトバウンドネットワークトラフィック バイト userId、instanceId、role 平均値、最小値、最大値
NumberRequests Request count サーバーに送信されたリクエストの総数 リクエスト数 userId、instanceId、role 平均値、最小値、最大値
OpInsert Insert operation count MongoDB が最後に起動してから受信したインサートコマンドの総数 回数 userId、instanceId、role 平均値、最小値、最大値
OpQuery Query operation count MongoDB が最後に起動してから受信したクエリコマンドの総数 回数 userId、instanceId、role 平均値、最小値、最大値
OpUpdate Update operation count MongoDB が最後に起動してから受信した更新コマンドの総数 回数 userId、instanceId、role 平均値、最小値、最大値
OpDelete Insert operation count MongoDB が最後に起動してから実行された削除操作の総数 回数 userId、instanceId、role 平均値、最小値、最大値
OpGetmore Getmore operation count MongoDB が最後に起動してから実行された Getmore 操作の総数 回数 userId、instanceId、role 平均値、最小値、最大値
OpCommand Command operation count MongoDB が最後に起動してからデータベースに送信されたコマンドの総数 回数 userId、instanceId、role 平均値、最小値、最大値

ExpressConnect メトリックリファレンス

  • プロジェクトの名前は “acs_express_connect”、サンプリング期間は 60 秒、Period 値は 60 (または 60 の倍数の整数) です。

  • ディメンションの instanceId 値は、ExpressConnect ルータのインターフェイス ID です。

メトリック メトリック名 単位 ディメンション
IntranetRX インバウンドネットワークトラフィック バイト instanceId
IntranetTX アウトバウンドネットワークトラフィック バイト instanceId
ReceiveBandwidth インバウンドネットワーク帯域幅 ビット/秒 instanceId
TransportedBandwidth アウトバウンドネットワーク帯域幅 ビット/秒 instanceId