OSS (Object Service Storage) サービスは、基本的なシステム稼働状況、パフォーマンス、およびメータリングのモニタリングデータを提供します。 また、リクエストの追跡、使用状況の分析、ビジネストレンドに関する統計の収集、システムの問題の迅速な発見と診断に役立つカスタムアラームサービスも提供されています。

モニタリングサービス

  • メトリックス

    OSS モニタリングの測定基準には、主に基本サービス指標、パフォーマンス指標、およびメータリング指標が含まれます。 詳細については、「」をご参照ください。

    課金ポリシーとの一貫性を維持するために、 メータリング指標の収集と表示には次の特別な機能があります。
    • 測定指標データは時間ごとに収集されます。 つまり、各時間のリソースメータリングデータは、その時間の全体的な指標条件を表す単一の値に集約されます。
    • 測定指標の出力遅延は 30 分近くです。
    • メータリング指標データ時間は、関連統計期間の開始時間を指す。
    • メータリングデータのカットオフ時間は、当月の最後の統計期間の終了時間です。 当月にメータリングデータが生成されない場合、メータリングデータのカットオフ時間は当月の初日の 00:00 です。
    • 最大量のメータリング市ヒュおデータがプッシュされます。 メータリングデータの詳細については、「利用記録」をご参照ください。

      たとえば、PutObject 要求のみを使用してデータをアップロードし、この操作を1分間に平均 10 回実行するとします。 それから、2016 年 5 月 10 日の 08:00:00 から 09:00:00 までの時間では、PUT 要求の計測結果は600 回 (10 x 60 分)、計測データの時刻は 08:00 です。 2016 年 5 月 10 日の 00 から、結果は 2016 年 5 月 10 日の 9 時 30 分ごろに生成されます。 結果が 2016 年 5 月 1 日の 00:00:00 以降の最後のデータレコードである場合、当月のメータリングデータのカットオフ時間は 2016 年 5 月 10 日の 09:00:00 です。 2016 年 5 月にメータリングデータを作成していない場合、指標データのカットオフ時間は 2016 年 5 月 1 日の 00:00:00 になります。

アラームサービス

OSS バケットはグローバル的に特有です。 バケットを削除した後、同じ名前で別のバケットを作成すると、削除したバケットに設定されているモニタリングとアラームのルールが新しいバケットに適用されます。

メータリング指標と統計指標の他に、他のメトリクスのアラームルールを設定してそれらをモニタリングリストに追加できます。 さらに、単一のメトリックに対して複数のアラームルールを設定することができます。

説明

  • アラームサービスの詳細については、「アラームサービスの概要」を参照してください。

  • OSS アラームサービスのユーザーガイドの詳細については、「」をご参照ください。