CloudMonitor は、ディスク使用率、IOPS (1 秒あたりの入出力操作) の使用率、接続使用率、CPU 使用率など、ApsaraDB for RDS (リレーショナルデータベースサービス) のステータスのモニタリングに役立つ複数のメトリックを提供します。 RDS を購入すると、CloudMonitor はこれらのメトリックに基づいてデータを自動的に収集します。

  • RDS のプライマリインスタンスおよび読み取り専用インスタンスのみが、モニタリングおよびアラートサービスに対応しています。
  • CloudMonitor は、既定で各プライマリインスタンスと読み取り専用インスタンスのアラートルールを作成します。 CPU 使用率、接続使用率、IOPS 使用率、ディスク使用率のアラートのしきい値は 80%です。 リソースの使用率が 80% を超えると、指定された連絡先に SMS メッセージとメールが送信されます。

モニタリングサービス

  • メトリック
    メトリック 説明 ディメンション 単位 最小頻度
    ディスクの使用率 インスタンスによるディスク容量の使用率。 インスタンス % 5 分
    IOPS の使用 インスタンスによる IOPS の使用率。 インスタンス % 5 分
    接続の使用率 現在のアプリケーションが接続するインスタンスの割合。 アプリケーションが接続できるインスタンスの数は制限されています。 このメトリックは、接続されたインスタンスの割合を示します。 インスタンス % 5 分
    CPU 使用率 インスタンスによる CPU 容量の使用率。 CPU 使用率は、データベースのメモリサイズに応じて決まります。 インスタンス % 5 分
    メモリ使用率 インスタンスによるメモリの使用率。 現在、MySQL データベースのみがこのメトリックに対応しています。 インスタンス % 5 分
    読み取り専用インスタンスのレイテンシ MySQL 読み取り専用インスタンスのレイテンシ。 インスタンス 5 分
    インバウンドトラフィック インスタンスへの 1 秒あたりのインバウンドトラフィック。 インスタンス バイト/秒 5 分
    アウトバウンドトラフィック インスタンスからの 1 秒あたりのアウトバウンドトラフィック。 インスタンス バイト/秒 5 分
    インスタンスエラー イベントタイプのメトリック。 このメトリックのアラートルールを設定できます。 - - -
    インスタンスのフェールオーバー イベントタイプのメトリック。 このメトリックのアラートルールを設定できます。 - - -

    インバウンドトラフィックおよびアウトバウンドトラフィックのメトリックは、MySQL および SQLServer データベースのみに対応しています。

  • モニタリングデータの表示
    1. CloudMonitor コンソールにログインします。
    2. 左側のナビゲーションウィンドウで、[クラウドサービスモニタリング] > [ApsaraDB for RDS] を選択します。 ApsaraDB for RDS ページが表示されます。
    3. インスタンスの ID をクリックするか、または [アクション] の [モニタリングチャート] をクリックして、インスタンスのモニタリングチャートを表示します。
    4. 任意。 モニタリングチャートの右上隅にある拡大アイコンをクリックして、チャートを拡大します。

アラートサービス

  • アラートルールの設定
    1. CloudMonitor コンソールにログインします。
    2. 左側のナビゲーションウィンドウで、[クラウドサービスモニタリング] > [ApsaraDB for RDS] を選択します。 ApsaraDB for RDS ページが表示されます。
    3. [アクション] 列の [アラームルール] をクリックしてインスタンスのアラートルールを表示します。
    4. ページ右上隅の [アラームルールの作成] をクリックします。 リソース範囲を指定し、アラートルールを設定し、通知方法を設定したら、[確定] をクリックします。
  • パラメーター

    アラートルールのパラメーターの詳細については、「アラームルールのパラメーター」をご参照ください。