インストール

最終更新日: Nov 26, 2017

ODPSは、MapReduceUDFのJava SDKによる開発作業を容易にするため、Eclipse 開発プラグインを提供しています。このプラグインは、MapReduceおよびUDFの実行プロセスをシミュレートして、ユーザーにローカルデバッグ方法を提供し、シンプルなテンプレートを生成する機能を提供します。

注意:

  • プラグインのダウンロードには、ここをクリックしてください。
  • MapReduceが提供するローカルランニングモードとは異なり、EclipseプラグインはODPSとデータを同期させることができません。ユーザーが使用するデータは、Eclipseプラグインのウェアハウスディレクトリーに手動でコピーする必要があります。

Eclipseプラグインをダウンロードした後、ソフトウェアパッケージを解凍して、次のjarファイルを見つけます:

  1. odps-eclipse-plugin-bundle-0.15.0.jar

Eclipseインストールディレクトリーのサブディレクトリー’plugins’にプラグインを置きます。Eclipseプラグインを起動し、右上隅のをクリックします。

ボタンをクリックすると、次のダイアログボックスが表示されます。

[ODPS]を選択し、をクリックします。ODPSアイコンが右上隅に表示され、プラグインが有効になることを示します。