edit-icon download-icon

コンソール

最終更新日: Jun 19, 2018

MaxCompute のすべての機能は、コンソールからアクセスできます。次に、コンソールのインストールと設定方法を紹介します。

  1. まず、 MaxCompute コンソールをダウンロードします。 ダウンロードをクリックします。コンソールは Java で開発されているため、お使いの PC に JRE 1.6 がインストールされていることを確認してください。それをフォルダに解凍します。圧縮解除後、4 つのフォルダがあります。

    1. bin/ conf/ lib/ plugins/
  2. フォルダ‘conf’には、‘odps_config.ini’という名前のファイルがあります。対応する情報を入力して編集します。

    1. access_id=*******************
    2. access_key=*********************
    3. #Access ID and Access Key correspond to your cloud account information. You can apply it on official website.
    4. project_name=my_project
    5. # Specify the project you want to use.
    6. end_point=https://xxxxx
    7. # Access URL of the MaxCompute service.
    8. tunnel_endpoint=https://xxxxx
    9. # Access URL of the MaxCompute Tunnel service.
    10. log_view_host=http://logview.odps.aliyun.com
    11. # Agter a user execute a task, the Console returns the LogView address of this task. You can view the detailed execution information of this task at this address.
    12. https_check=true
    13. #Determine whether to enable HTTPS access

注意:

  • end_point と tunnel_endpoint のアクセス URL はリージョンによって異なります。
  • コンソールの詳細については、コンソールを参照してください。
  • MaxCompute は、パブリックネットワークとプライベートネットワークで別々に 2 つのサービスアドレスを提供します。リージョンが異なると価格も異なります。
  • MaxCompute クライアントはコメントをサポートしませんが、“—”は読者の便宜のためにドキュメント内のコメントとして使用されます。
  1. 設定ファイルが変更されたら、bin ディレクトリで‘odpscmd’を実行します。 (OS が Linux の場合は‘./bin/odpscmd’、OS が Windows の場合は‘./bin/odpscmd.bat’を実行してください。)

  2. 以下の SQL 文を実行します。

    1. create table tbl1(id bigint);
    2. insert overwrite table tbl1 select count(*) from tbl1;
    3. select 'welcome to MaxCompute!' from tbl1;

注意:

SQL 文の詳細については、SQL 概要を参照してください。