Server Load Balancer (SLB) は、設定された転送ルールに基づいて複数の ECS インスタンスにトラフィックを分配する、負荷分散制御サービスです。 SLB はアプリケーションサービスの性能を拡張し、アプリケーションの可用性を向上させます。

概要

SLB は、仮想サービスアドレスを設定することによって、追加の ECS インスタンスを高性能で可用性の高いアプリケーションサービスプールに仮想化し、クライアントからのリクエストを、 転送ルールに従ってサーバープール内のECS インスタンスに分配します。

また、SLB は、追加されたバックエンドサーバーの状態をチェックし、異常状態の ECS インスタンスを自動的に分離します。そうすることで SPOF (単一障害点) 問題を除去し、アプリケ ーションの全体的なサービス性能を向上させます。 それに加え、Alibaba Anti-DDoS と組み合わせることで、SLB は DDoS 攻撃を防御することができます。

Server Load Balancer を構成するコンポーネント

SLB には次のコンポーネントが含まれています。

  • SLB インスタンス

    SLB インスタンスは、実行中の負荷分散サービスで、着信トラフィックをバックエンドサーバーに分配します。 負荷分散サービスを使用するには、SLB インスタンスを作成します。インスタンスには少なくとも 1 つのリスナーと 2 つのバックエンドサーバーを設定する必要があります。

  • リスナー

    リスナーはクライアントからのリクエストをチェックし、設定されたルールに基づいてバックエンドサーバーに転送します。 また、バックエンドサーバーのヘルスチェックも実行します。

  • バックエンドサーバー

    バックエンドサーバーは、分散リクエストを処理するために SLB インスタンスに追加された ECS インスタンスです。 分散リクエストを処理する ECSインスタンスは、デフォルトサーバーグループ、VServer グループ、アクティブ/スタンバイサーバーグループのいずれかに追加することができます。



特徴

  • 高可用性

    Server Load Balancer は、SPOF なしで完全冗長モードで動作するように設計されています。 Server Load Balancer はローカルおよびクロスリージョンでの耐障害性を提供しています。 Server Load Balancer を DNS と併用すると、サービス可用性は最大 99.95% になります。

    サービスの継続性を妨げることなく、アプリケーションの負荷状況に応じてサービスを拡張することができます。

  • 拡張性

    必要に応じてバックエンドサーバーの数を増減し、アプリケーションのサービス性能を拡張することができます。

  • 高い費用対効果

    従来のハードウェア負荷分散システムと比較して、Server Load Balancer は コストを 60% 削減しています。

  • セキュリティ

    Alibaba Cloud Security と併用することで、Server Load Balancer は、HTTP フラッド攻撃や SYN フラッド攻撃など、最大 5 Gbps の DDoS 攻撃を防御できます。