edit-icon download-icon

ダウンロード手順

最終更新日: Nov 15, 2019

MNS Java SDK

最高のパフォーマンスと安定性を得るため、最新の SDK をダウンロードすることを推奨します。

バージョン 1.1.8

更新日

2016-12-15 SDK のダウンロードサンプルのダウンロード

更新

  • トピックの SMS (ショートメッセージサービス) サブスクリプションを追加。

ヘルプ

  1. サンプルをダウンロードし、aliyun-sdk-mns-samples-1.1.8.zip を展開します。

  2. Eclipse を使用して Maven プロジェクトをインポートし、aliyun-sdk-mns-samples フォルダーを選択します。

  3. ユーザーディレクトリ (Linux では “/home/YOURNAME/“、Windows では “C:\Users\YOURNAME”) に .aliyun-mns.properties ファイルを作成し、サービスアドレス、AccessKeyID、AccessKeySecret を指定します。

    1. mns.accountendpoint=http://$accountid.mns.cn-hangzhou.aliyuncs.com
    2. mns.accesskeyid=$your_accesskeyid
    3. mns.accesskeysecret=$your_accesskeysecret

Pom 設定

  1. <dependency>
  2. <groupId>com.aliyun.mns</groupId>
  3. <artifactId>aliyun-sdk-mns</artifactId>
  4. <version>1.1.8</version>
  5. <classifier>jar-with-dependencies</classifier>
  6. </dependency>

バージョン 1.1.7

更新日

2016-08-30 SDK のダウンロードサンプルのダウンロード

更新

  • CloudAccount をシングルトン化 (同じ ClientConfiguration が同じ MNSClient オブジェクトを返します)。

  • トピックサブスクリプションで JSON オプションをサポート。

ヘルプ

  1. サンプルをダウンロードし、aliyun-sdk-mns-samples-1.1.7.zip を展開します。

  2. Eclipse を使用して Maven プロジェクトをインポートし、aliyun-sdk-mns-samples フォルダーを選択します。

  3. ユーザーディレクトリ (Linux では “/home/YOURNAME/“、Windows では “C:\Users\YOURNAME”) に .aliyun-mns.properties ファイルを作成し、サービスアドレス、AccessKeyID、AccessKeySecret を指定します。

    1. mns.accountendpoint=http://$accountid.mns.cn-hangzhou.aliyuncs.com
    2. mns.accesskeyid=$your_accesskeyid
    3. mns.accesskeysecret=$your_accesskeysecret

バージョン 1.1.5

更新日

2016-05-26 SDK のダウンロードサンプルのダウンロード

更新

  • TransactionQueue を追加。

  • braodcast メッセージを追加。

  • パフォーマンステスト用のデモコードを追加。

ヘルプ

  1. サンプルをダウンロードし、aliyun-sdk-mns-samples-1.1.5.zip を展開します。

  2. Eclipse を使用して Maven プロジェクトをインポートし、aliyun-sdk-mns-samples フォルダーを選択します。

  3. ユーザーディレクトリ (Linux では “/home/YOURNAME/“、Windows では “C:\Users\YOURNAME”) に .aliyun-mns.properties ファイルを作成し、サービスアドレス、AccessKeyID、AccessKeySecret を指定します。

    1. mns.accountendpoint=http://$accountid.mns.cn-hangzhou.aliyuncs.com
    2. mns.accesskeyid=$your_accesskeyid
    3. mns.accesskeysecret=$your_accesskeysecret
  4. QueueSample.java、TopicSample.java、CloudPullTopicDemo.java (ブロードキャストのデモ)、TransactionMessageDemo.java (トランザクションメッセージのデモ)、TransactionMessageDemo2.java (さらにフェールオーバー操作を必要とするトランザクションメッセージの単純なデモ) を実行します。

バージョン 1.1.4

更新日

2016-04-25 SDK のダウンロードサンプルのダウンロード

更新

  • サブスクリプションで、キュー/メールエンドポイントをサポート。

  • トピックでメッセージタグをサポート。

  • バグ修正:接続数が maxConnectionsPerRoute を超えたために、ロングポーリングがタイムアウトする問題。

ヘルプ

  1. サンプルをダウンロードし、aliyun-sdk-mns-samples-1.1.4.zip を展開します。

  2. Eclipse を使用して Maven プロジェクトをインポートし、aliyun-sdk-mns-samples フォルダーを選択します。

  3. ユーザーディレクトリ (Linux では “/home/YOURNAME/“、Windows では “C:\Users\YOURNAME”) に .aliyun-mns.properties ファイルを作成し、サービスアドレス、AccessKeyID、AccessKeySecret を指定します。

    1. mns.accountendpoint=http://$accountid.mns.cn-hangzhou.aliyuncs.com
    2. mns.accesskeyid=$your_accesskeyid
    3. mns.accesskeysecret=$your_accesskeysecret
  4. QueueSample.java と TopicSample.java ファイルを実行します。

バージョン 1.1.3

更新日

2016-03-28 SDK のダウンロードサンプルのダウンロード

更新

  • HTTPS をサポート。
  • メッセージの priority、dequeueCount、delaySeconds のデフォルト値を削除。

ヘルプ

  1. サンプルをダウンロードし、aliyun-sdk-mns-samples-1.1.3.zip を展開します。

  2. Eclipse を使用して Maven プロジェクトをインポートし、aliyun-sdk-mns-samples フォルダーを選択します。

  3. ユーザーディレクトリ (Linux では “/home/YOURNAME/“、Windows では “C:\Users\YOURNAME”) に .aliyun-mns.properties ファイルを作成し、サービスアドレス、AccessKeyID、AccessKeySecret を指定します。

    1. mns.accountendpoint=http://$accountid.mns.cn-hangzhou.aliyuncs.com
    2. mns.accesskeyid=$your_accesskeyid
    3. mns.accesskeysecret=$your_accesskeysecret
  4. QueueSample.java と TopicSample.java ファイルを実行します。

バージョン 1.1.2

更新日

2016-01-30 SDK のダウンロードサンプルのダウンロード

更新

  • バグ修正:popMessage API に waitseconds が指定されていない場合、waitseconds のデフォルト値を 0 に設定する問題。

ヘルプ

  1. サンプルをダウンロードし、aliyun-sdk-mns-samples-1.1.2.zip を展開します。

  2. Eclipse を使用して Maven プロジェクトをインポートし、aliyun-sdk-mns-samples フォルダーを選択します。

  3. ユーザーディレクトリ (Linux では “/home/YOURNAME/“、Windows では “C:\Users\YOURNAME”) に .aliyun-mns.properties ファイルを作成し、サービスアドレス、AccessKeyID、AccessKeySecret を指定します。

    1. mns.accountendpoint=http://$accountid.mns.cn-hangzhou.aliyuncs.com
    2. mns.accesskeyid=$your_accesskeyid
    3. mns.accesskeysecret=$your_accesskeysecret
  4. QueueSample.java と TopicSample.java ファイルを実行します。

バージョン 1.1.1

更新日

2016-01-19 SDK のダウンロードサンプルのダウンロード

更新

  • バグ修正:デフォルトの GB 文字セットではなく、中国語の UTF-8 文字セットを使用する問題。

ヘルプ

  1. サンプルをダウンロードし、aliyun-sdk-mns-samples-1.1.1.zip を展開します。
  2. Eclipse を使用して Maven プロジェクトをインポートし、aliyun-sdk-mns-samples フォルダーを選択します。
  3. ユーザーディレクトリ (Linux では “/home/YOURNAME/“、Windows では “C:\Users\YOURNAME”) に .aliyun-mns.properties ファイルを作成し、サービスアドレス、AccessKeyID、AccessKeySecret を指定します。
    1. mns.accountendpoint=http://$accountid.mns.cn-hangzhou.aliyuncs.com
    2. mns.accesskeyid=$your_accesskeyid
    3. mns.accesskeysecret=$your_accesskeysecret
  4. QueueSample.java と TopicSample.java ファイルを実行します。

バージョン 1.1.0

更新日

2016-01-06 SDK のダウンロードサンプルのダウンロード

更新

  • トピックのサポートを追加。

  • STS トークンのサポートを追加。

  • メッセージの Base64 エンコードをオプション化。

ヘルプ

  1. サンプルをダウンロードし、aliyun-sdk-mns-samples-1.1.0.zip を展開します。

  2. Eclipse を使用して Maven プロジェクトをインポートし、aliyun-sdk-mns-samples フォルダーを選択します。

  3. ユーザーディレクトリ (Linux では “/home/YOURNAME/“、Windows では “C:\Users\YOURNAME”) に .aliyun-mns.properties ファイルを作成し、サービスアドレス、AccessKeyID、AccessKeySecret を指定します。

    1. mns.accountendpoint=http://$accountid.mns.cn-hangzhou.aliyuncs.com
    2. mns.accesskeyid=$your_accesskeyid
    3. mns.accesskeysecret=$your_accesskeysecret
  4. QueueSample.java と TopicSample.java ファイルを実行します。

バージョン 1.0.5

更新日

2015-12-02 SDK のダウンロードサンプルのダウンロード

更新

  • バグ修正:複数の CloudAccount オブジェクトの使用時にメモリリークが発生する問題。

  • httpasyncclient のバージョンを 4.1 にアップグレード。

ヘルプ

  1. サンプルをダウンロードし、aliyun-sdk-mns-samples-1.0.5.zip を展開します。

  2. Eclipse を使用して Maven プロジェクトをインポートし、aliyun-sdk-mns-samples フォルダーを選択します。

  3. ユーザーディレクトリ (Linux では “/home/YOURNAME/“、Windows では “C:\Users\YOURNAME”) に .aliyun-mns.properties ファイルを作成し、サービスアドレス、AccessKeyID、AccessKeySecret を指定します。

    1. mns.accountendpoint=http://$accountid.mns.cn-hangzhou.aliyuncs.com
    2. mns.accesskeyid=$your_accesskeyid
    3. mns.accesskeysecret=$your_accesskeysecret
  4. Sample.java ファイルを実行します。

バージョン 1.0.4

更新日

2015-11-05 SDK のダウンロードサンプルのダウンロード

更新

  • バグ修正:ネットワークエラー時にスレッドがハングする問題。

  • バグ修正:無料接続の終了時にスレッドが再利用される問題。

ヘルプ

  1. サンプルをダウンロードし、aliyun-sdk-mns-samples-1.0.4.zip を展開します。

  2. Eclipse を使用して Maven プロジェクトをインポートし、aliyun-sdk-mns-samples フォルダーを選択します。

  3. ユーザーディレクトリ (Linux では “/home/YOURNAME/“、Windows では “C:\Users\YOURNAME”) に .aliyun-mns.properties ファイルを作成し、サービスアドレス、AccessKeyID、AccessKeySecret を指定します。

    1. mns.accountendpoint=http://$accountid.mns.cn-hangzhou.aliyuncs.com
    2. mns.accesskeyid=$your_accesskeyid
    3. mns.accesskeysecret=$your_accesskeysecret
  4. Sample.java ファイルを実行します。

バージョン 1.0.3

更新日

2015-06-09 SDK のダウンロードサンプルのダウンロード

更新

  • バグ修正:多数の接続がクローズ待ちの場合に SDK が停止する問題。

  • サンプルコードを追加。

  • API プロトコルをアップグレード。”x-mns-version”=”2015-06-06”

  • BatchSendMessage、BatchReceiveMessage、BatchPeekMessage、BatchDeleteMessage をサポート。

ヘルプ

  1. サンプルをダウンロードし、aliyun-sdk-mns-samples-1.0.3.zip を展開します。

  2. Eclipse を使用して Maven プロジェクトをインポートし、aliyun-sdk-mns-samples フォルダーを選択します。

  3. ユーザーディレクトリ (Linux では “/home/YOURNAME/“、Windows では “C:\Users\YOURNAME”) に .aliyun-mns.properties ファイルを作成し、サービスアドレス、AccessKeyID、AccessKeySecret を指定します。

    1. mns.accountendpoint=http://$accountid.mns.cn-hangzhou.aliyuncs.com
    2. mns.accesskeyid=$your_accesskeyid
    3. mns.accesskeysecret=$your_accesskeysecret
  4. Sample.java ファイルを実行します。

バージョン 1.0.2

更新日

2015-03-03 ダウンロード

更新

  • XML 解析ロジックを最適化し、パフォーマンスを改善。

バージョン 1.0.1

更新日

2014-12-19 ダウンロード

更新

  • デフォルトのスレッドプールサイズを 50 に修正し、大規模な同時同期の際の SDK パフォーマンスのボトルネックを解消。

バージョン 1.0.0

更新日

2014-08-01 ダウンロード