操作コマンド

最終更新日: Apr 17, 2018

ApsaraDB for Redis は Redis 3.0 と互換性があり、Redis 3.0 GEO コマンドをサポートしています。現在、一部のコマンドは一時的制限されています。

サポートされているコマンド

Keys String Hash List Set SortedSet
DEL APPEND HDEL BLPOP SADD ZADD
DUMP BITCOUNT HEXISTS BRPOP SCARD ZCARD
EXISTS BITOP HGET BRPOPLPUSH SDIFF ZCOUNT
EXPIRE BITPOS HGETALL LINDEX SDIFFSTORE ZINCRBY
EXPIREAT DECR HINCRBY LINSERT SINTER ZRANGE
MOVE DECRBY HINCRBYFLOAT LLEN SINTERSTORE ZRANGEBYSCORE
PERSIST GET HKEYS LPOP SISMEMBER ZRANK
PEXPIRE GETBIT HLEN LPUSH SMEMBERS ZREM
PEXPTREAT GETRANGE HMGET LPUSHX SMOVE ZREMRANGEBYRANK
PTTL GETSET HMSET LRANGE SPOP ZREMRANGEBYSCORE
RANDOMKEY INCR HSET LREM SRANDMEMBER ZREVRANGE
RENAME INCRBY HSETNX LSET SREM ZREVRANGEBYSCORE
RENAMENX INCRBYFLOAT HVALS LTRIM SUNION ZREVRANK
RESTORE MGET HSCAN RPOP SUNIONSTORE ZSCORE
SORT MSET RPOPLPUSH SSCAN ZUNIONSTORE
TTL MSETNX RPUSH ZINTERSTORE
TYPE PSETEX RPUSHX ZSCAN
SCAN SET ZRANGEBYLEX
OBJECT SETBIT ZLEXCOUNT
SETEX ZREMRANGEBYLEX
SETNX
SETRANGE
STRLEN
HyperLogLog Pub/Sub (publish/subscription) Transaction Connection Server Scripting Geo (geological position)
PFADD PSUBSCRIBE DISCARD AUTH FLUSHALL EVAL GEOADD
PFCOUNT PUBLISH EXEC ECHO FLUSHDB EVALSHA GEOHASH
PFMERGE PUBSUB MULTI PING DBSIZE SCRIPT EXISTS GEOPOS
PUNSUBSCRIBE UNWATCH QUIT TIME SCRIPT FLUSH GEODIST
SUBSCRIBE WATCH SELECT INFO SCRIPT KILL GEORADIUS
UNSUBSCRIBE KEYS SCRIPT LOAD GEORADIUSBYMEMBER
CLIENT KILL
CLIENT LIST
CLIENT GETNAME
CLIENT SETNAME
CONFIG GET
MONITOR
SLOWLOG

一時的制限されているコマンド

Keys Server
MIGRATE BGREWRITEAOF
BGSAVE
CONFIG REWRITE
CONFIG SET
CONFIG RESETSTAT
COMMAND
COMMAND COUNT
COMMAND GETKEYS
COMMAND INFO
DEBUG OBJECT
DEBUG SEGFAULT
LASTSAVE
ROLE
SAVE
SHUTDOWN
SLAVEOF
SYNC

クラスタインスタンス用に制限されたコマンド

Keys Strings Lists HyperLogLog Transaction Scripting
RENAME MSETNX RPOPLPUSH PFMERGE DISCARD EVAL
RENAMENX PFCOUNT EXEC EVALSHA
SORT MULTI SCRIPT EXISTS
UNWATCH SCRIPT FLUSH
WATCH SCRIPT KILL
WATCH SCRIPT LOAD

クラスタインスタンスの Self-developed コマンド

  • info key:キーのスロットとDBの照会に使用します。ApsaraDB for Redis のネイティブのinfoコマンドはオプションのセクション(info [section])を 1 つだけ含むことができます。現在、ApsaraDB for Redis のクラスタインスタンスでは、一部のコマンドが制限されています。したがって、すべてのキーは同じスロットになければなりません。info keyでは、キーが同じスロットにあるかどうかを確認できます。このコマンドは次のように使用されます。

    1. 127.0.0.1:6379> info key test_key
    2. slot:15118 node_index:0

    注意:

    以前の Redis のバージョンでは、返されたnode indexはインスタンストポロジダイアグラムのnode index と異なる場合があります。この問題は、最新の Redis バージョンで解決されています。

    info keyコマンドのnodeは、クラスタインスタンスの物理ノードを参照し、selectコマンドのdbとは異なります。

  • iinfo:このコマンドはinfoコマンドに似ています。ApsaraDB for Redis で指定されたノード用のinfoを実行するために使用されます。このコマンドは次のように使用されます。

    iinfo db_idx [section]

注意 :db_idx の値の範囲は[0、nodecount]、nodecount の値はinfoを実行することによって得られ、section の値は Redis の標準オプションパラメータと同じ方法で設定されます。infoコマンドです。ApsaraDB for Redis ノード用のiinfoコマンドを使用する方法の詳細については、ノードのパフォーマンスをチェックするにはを参照してください。

  • riinfo:このコマンドは iinfoコマンドに似ています。読み取り/書き込み分割モードでのみ使用できます。idx が追加され、infoコマンドが実行される読み取り専用スレーブが指定されます。読取り/書込み分割クラスタでは、idx はinfoコマンドが実行される読取り専用スレーブを指定するために使用されます。idx が非読み取り/書き込み分割クラスタで使用されると、エラーが返されます。このコマンドは次のように使用されます。

    riinfo db_idx ro_slave_idx [section]

注意

  • クラスタインスタンスの制限されたコマンドは、操作されるキーが単一のハッシュスロットに均等に分散され、複数のハッシュスロットのデータがマージされないシナリオのみをサポートします。したがって、ハッシュタグを使用して、操作対象のキーが 1 つのハッシュスロットに均等に分散されていることを確認する必要があります。

    たとえば、key1、aakey、および abkey3 を操作する場合は、{key} 1、aa {key}、およびab {key} 3 モードで保存する必要があります。この場合、制限されたコマンドは呼び出されると有効になります。ハッシュタグの使用方法の詳細については、ApsaraDB for Redis の公式ドキュメントを参照してください。http://redis.io/topics/cluster-spec

  • ApsaraDB for Redis コマンドの詳細については、Official documentation を参照してください。