はじめに

最終更新日: Aug 14, 2017

Alibaba Cloud の Elastic Compute Service (ECS) へようこそ。このドキュメントでは、API を使用して ECS サービスを適切に操作する方法について詳述します。

注意:ここで取り上げる API を使用する前に、ECS プロダクト、利用規約、課金方法を十分に理解しておく必要があります。

用語集

用語 正式名 説明
インスタンス ECS インスタンス 仮想化技術を活用することにより、物理サーバーで仮想化されるサーバーです。
リージョン リージョン リソースが存在する地理的な場所を表します。各リージョンには、利用可能なゾーンのグループがあります。
ゾーン アベイラビリティゾーン ゾーンは、独立した電源とネットワークを備えた同じリージョン内の物理的な領域です。同じゾーン内では、ECS インスタンスのネットワーク待ち時間が低下します。同じリージョン内のゾーン間でイントラネット通信が行われ、ゾーン間でフォールトトレランスを実施することができます。
イメージ イメージファイル イメージファイルは OS で構成され、アプリケーションソフトウェアをイメージファイル化することができます。1 つのイメージファイルを選択し、ECS インスタンスを初期化することができます。
インスタンスの作成には、イメージが必要です。新たに作成したインスタンスは、イメージファイルから OS とソフトウェアの設定をコピーします。したがって、Alibaba Cloud では、さまざまなオペレーティングシステム用のさまざまなイメージファイルが提供されます。
ディスク ディスク ディスクは、インスタンスのストレージデバイスです。
スナップショット スナップショット スナップショットは、ディスクのデータのリカバリに使用されます。スナップショットには指定された日時のディスクデータが含まれ、このディスクデータを使用して、ディスクデータをリカバリしたり、カスタムイメージを作成したりできます。
IP IP インターネット上のパブリック IP アドレスです。
SecurityGroup セキュリティグループ セキュリティグループをインスタンスにアタッチすることができます。セキュリティグループに対して、セキュリティポリシーを定義できます。各インスタンスは 1 つのセキュリティグループに属している必要があります。また、1 つのインスタンスが複数のセキュリティグループに属する場合があります。セキュリティグループのセキュリティポリシーは、セキュリティグループのすべてのインスタンスに適用されます。
CIDR クラスレスドメイン間ルーティング CIDR は、インターネットで使用される新しいアドレス指定モードです。従来のクラス A、クラス B、およびクラス C アドレス指定スキームと比較すると、CIDR では、より効率的な IP アドレス割り当てが実装されます。
たとえば、IP セグメント 125.203.96.0 ~ 125.203.127.255 を CIDR 形式に変換するには、同じ最初の 19 ビットを見つけます。
“125.203.0110 0000.0000 0000” ~ “125.203.0111 1111.1111 1111” は、125.203.96.0/19 で表すことができます。

ビジネス上の制限とタイプの制約について

ECS では、インスタンスやセキュリティグループの量など、ユーザーごとにリソース制限があります。

インスタンスタイプ、各インスタンスにアタッチされるディスクの数、ディスク容量、ディスクスナップショットの数、インスタンスのインターネット接続帯域などの仕様にも制限があります。ECS Open API を使用する場合は、オンラインでビジネス上のルールとリソースタイプに関する最新の制約情報を参照してください。ECS Open API 利用制約の詳細

「インターフェイスについて」のセクションで記載されるタイプの制約が、公式サイトで示されるオプションパラメーター値や利用可能な仕様に一致しない場合は、公式サイトの情報が優先されます。