この記事では、たとえばエントリレベルのインスタンスタイプファミリを使用してコンソールを使用してインスタンスを素早く作成する方法を紹介します。詳細については、「 インスタンスを作成する 」を参照してください。インスタンスの作成に API を使用するには、 RunInstances を参照してください。

手順

  1. ECS コンソールにログオンします。
  2. 左側のナビゲーションウィンドウで、[ インスタンス ]をクリックします。
  3. [インスタンス]ページで、 カスタムの購入ページを入力して[インスタンスを作成 ]をクリックします。
  4. 基本設定を終了するには、以下の手順に従ってください。
    1. 請求方法を選択します。この例では、 従量課金を選択します。
    2. 中国北部 1 などのリージョンを選択します。デフォルトでゾーンを選択するか、ゾーンをランダムに割り当てることができます。
      注意
      インスタンスが作成されると、そのリージョンとゾーンを変更することはできません。
    3. インスタンスの種類を選択し、インスタンスの数を指定します。
      使用可能なインスタンスタイプファミリは、選択したリージョンによって決まります。この例では、すべての世代 > x86 アーキテクチャ > エントリレベル(共有) > コンパクトタイプ xn4
    4. イメージを選択します。この例では、パブリックイメージ が選択されています。
    5. ストレージスペースを選択します。この例では、システムディスクのみが使用され、デフォルトの 40 GiB Ultra Cloud Disk が選択されています。
  5. [ 次へ:ネットワーク]をクリックして、ネットワークおよびセキュリティグループの設定を完了します。
    1. ネットワークタイプとして VPC を選択します。この例では、デフォルトの VPC と VSwitch を選択します。
    2. ネットワーク課金方法を設定します。
      この例では、パブリック IP割り当て、トラフィック課金を選択します。
    3. セキュリティグループを選択します。既定のセキュリティグループを作成しない場合は、そのセキュリティグループを使用できます。
    4. Elastic ネットワークインターフェイス(ENI)を追加します。選択したインスタンスタイプが ENI をサポートしていない場合は、この手順をスキップします。
  6. 「次へ:システム構成」をクリックします。
    必要に応じて設定を行います。資格情報インスタンス名 を設定することをお勧めします。この例では、パスワードを入力し、インスタンス名を ecs-01 に設定します。
  7. 「次へ:グループ化」をクリックします。必要に応じてここにオプションを設定できます。複数のインスタンスの場合は、管理を容易にするためにラベルを追加することをお勧めします。
  8. 「次へ:プレビュー」をクリックします。選択した構成を確認します。また、編集アイコンをクリックして設定を戻したり変更したりすることもできます。
  9. 利用規約を読み確認し、[ インスタンスの作成 ]をクリックします

結果

コンソールをクリックして ECS コンソールに戻ります。通常、インスタンス作成を完了するまでに 1〜5 分かかります。リフレッシュ・ボタンをクリックして、インスタンスが作成されているかどうかを確認します。新しく作成された ECS インスタンスが実行中の状態で表示されている場合、インスタンスは正常に作成されます。