この操作では、アラートルールテンプレートを作成します。

デバッグ

API Explorer を使用してデバッグを実行できます。 API Explorer を使用することで、さまざまな操作を実行して API の使用を簡素化できます。 たとえば、API の呼び出し、SDK サンプル コードの動的な生成、API の取得をすることができます。

リクエストパラメーター

パラメーター データ型 必須/省略可能 説明
Name String 必須 My alert template

アラートルールテンプレートの名前。

Action String 省略可能 CreateMetricRuleTemplate

実行する操作。 値を CreateMetricRuleTemplate に設定します。

Description String 省略可能 Template description

アラートルールテンプレートの説明。

AlertTemplates.N.MetricName String 省略可能 cpu_total

メトリックの名前。 メトリックの名前一覧を取得するには、DescribeMetricMetaList を呼び出すか、プリセットメトリックスリファレンスをご参照ください。 N の有効値 : 1 ~ 200 。

AlertTemplates.N.RuleName String 省略可能 My CPU monitoring

アラートルールの名前。 N の有効値 : 1 ~ 200 。

AlertTemplates.N.Category String 省略可能 ecs

サービス名の省略形。 有効値 :

  • ECS (Alibaba Cloud と他社のホストを含む)
  • RDS (ApsaraDB for RDS)
  • ADS (AnalyticDB)
  • SLB (Server Load Balancer)
  • VPC (Virtual Private Cloud)
  • APIGATEWAY (API Gateway)
  • CDN
  • CS (Container Service for Swarm)
  • DCDN (Dynamic Route for CDN)
  • DDOS (distributed denial of service)
  • EIP (Elastic IP)
  • ELASTICSEARCH (Elasticsearch)
  • EMR (E-MapReduce)
  • ESS (Auto Scaling)
  • HBASE (ApsaraDB for HBase)
  • IOT_EDGE (IoT Edge)
  • K8S_POD (k8s pod)
  • KVSTORE_SHARDING (ApsaraDB RDS for Redis cluster version)
  • KVSTORE_SPLITRW (ApsaraDB RDS for Redis read/write splitting version)
  • KVSTORE_STANDARD (ApsaraDB RDS for Redis standard version)
  • MEMCACHE (ApsaraDB RDS for Memcache)
  • MNS (Message Service)
  • MONGODB (ApsaraDB RDS for MongoDB replica set instances)
  • MONGODB_CLUSTER (ApsaraDB RDS for MongoDB cluster version)
  • MONGODB_SHARDING (ApsaraDB RDS for MongoDB sharded clusters)
  • MQ_TOPIC (Message Service topic)
  • OCS (original version of ApsaraDB RDS for Memcache)
  • OPENSEARCH (Open Search)
  • OSS (Object Storage Service)
  • POLARDB (ApsaraDB for POLARDB)
  • PETADATA (HybridDB for MySQL)
  • SCDN (Secure Content Delivery Network)
  • SHAREBANDWIDTHPACKAGES (shared bandwidth package)
  • SLS (Log Service)
  • VPN (VPN Gateway)

N の有効値 : 1 ~ 200 。

AlertTemplates.N.Namespace String 省略可能 acs_ecs_dashboard

サービスのデータ名前空間。 名前空間の一覧を取得するには、DescribeMetricMetaList を呼び出すか、プリセットメトリックスリファレンスをご参照ください。 N の有効値 : 1 ~ 200 。

AlertTemplates.N.Period Integer 省略可能 60

モニタリングデータの集計期間。 単位 : 秒。 既定値はメトリックがポーリングされる最高周波数です。 通常、最小周波数を指定する必要はありません。 N の有効値 : 1 ~ 200 。

AlertTemplates.N.Selector String 省略可能 {"disk":"/"}

拡張フィールド。 たとえば、値が {"disk":"":""} の場合は、テンプレートがグループ内のすべてのインスタンスのルートパーティションに適用されたことを示します。 N の有効値 : 1 ~ 200 。

AlertTemplates.N.Escalations.Critical.Statistics String 省略可能 Average

critical レベルのアラートのしきい値の統計方法。 N の有効値 : 1 ~ 200 。

AlertTemplates.N.Escalations.Critical.ComparisonOperator String 省略可能 GreaterThanOrEqualToThreshold

critical レベルのアラートのしきい値の比較演算子。 有効値 :

  • GreaterThanOrEqualToThreshold
  • GreaterThanThreshold
  • LessThanOrEqualToThreshold
  • LessThanThreshold
  • NotEqualToThreshold
  • GreaterThanYesterday
  • LessThanYesterday
  • GreaterThanLastWeek
  • LessThanLastWeek
  • GreaterThanLastPeriod
  • LessThanLastPeriod
AlertTemplates.N.Escalations.Critical.Threshold String 省略可能 90

critical レベルのアラートのしきい値。 N の有効値 : 1 ~ 200 。

AlertTemplates.N.Escalations.Critical.Times Integer 省略可能 3

アラートがトリガーされる前に、メトリック値が連続して critical レベルのアラートのしきい値を超えた回数。 N の有効値 : 1 ~ 200 。

AlertTemplates.N.Escalations.Warn.Statistics String 省略可能 Average

warn レベルのアラートのしきい値の統計方法。 メトリックの作成時にさまざまな統計方法を設定することができます。 関連情報を取得するには MetricMeta を呼び出します。 N の有効値 : 1 ~ 200 。

AlertTemplates.N.Escalations.Warn.ComparisonOperator String 省略可能 GreaterThanOrEqualToThreshold

warn レベルのアラートのしきい値の比較演算子。 有効値 :

  • GreaterThanOrEqualToThreshold
  • GreaterThanThreshold
  • LessThanOrEqualToThreshold
  • LessThanThreshold
  • NotEqualToThreshold
  • GreaterThanYesterday
  • LessThanYesterday
  • GreaterThanLastWeek
  • LessThanLastWeek
  • GreaterThanLastPeriod
  • LessThanLastPeriod

N の有効値 : 1 ~ 200 。

AlertTemplates.N.Escalations.Warn.Threshold String 省略可能 90

warn レベルのアラートのしきい値。 N の有効値 : 1 ~ 200 。

AlertTemplates.N.Escalations.Warn.Times Integer 省略可能 3

メトリック値が連続して warn レベルのアラートのしきい値を超えるとアラートがトリガーされるようにする連続回数。 N の有効値 : 1 ~ 200 。

AlertTemplates.N.Escalations.Info.Statistics String 省略可能 Average

info レベルのアラートのしきい値の統計方法。 メトリックの作成時にさまざまな統計方法を構成できます。 関連情報を取得するには MetricMeta を呼び出します。 N の有効値 : 1 ~ 200 。

AlertTemplates.N.Escalations.Info.ComparisonOperator String 省略可能 GreaterThanOrEqualToThreshold

info レベルのアラートのしきい値の比較演算子。 有効値 :

  • GreaterThanOrEqualToThreshold
  • GreaterThanThreshold
  • LessThanOrEqualToThreshold
  • LessThanThreshold
  • NotEqualToThreshold
  • GreaterThanYesterday
  • LessThanYesterday
  • GreaterThanLastWeek
  • LessThanLastWeek
  • GreaterThanLastPeriod
  • LessThanLastPeriod

N の有効値 : 1 ~ 200 。

AlertTemplates.N.Escalations.Info.Threshold String 省略可能 90

info レベルのアラートのしきい値。 N の有効値 : 1 ~ 200 。

AlertTemplates.N.Escalations.Info.Times Integer 省略可能 3

メトリック値が連続して info レベルのアラートのしきい値を超えるとアラートがトリガーされるようにする連続回数。 N の有効値 : 1 ~ 200 。

レスポンスパラメーター

パラメーター データ型 説明
Code Integer 200

ステータスコード。 値が 200 の場合、呼び出しが成功したことを示します。

Id Long 12345

アラートテンプレートの ID 。

Message String success

エラーメッセージ。

RequestId String 9763ED1A-4D09-41BF-851E-310421750204

トラブルシューティングのリクエスト ID。

Success Boolean true

呼び出しが成功したかを示します。 値が true の場合、呼び出しが成功したことを示します。 値が false の場合、呼び出しが失敗したことを示します。

リクエスト例


http(s)://[Endpoint]/? Action=CreateMetricRuleTemplate
&Name=My alert template
&AlertTemplates. 1.MetricName=cpu_total
&AlertTemplates. 1.RuleName=My CPU monitoring
&AlertTemplates. 1.Category=ecs
&AlertTemplates. 1.1amespace=acs_ecs_dashboard
&<Common request parameters>

通常のレスポンス例

XML形式

<CreateMetricRuleTemplateResponse>
  <RequestId>9763ED1A-4D09-41BF-851E-310421750204</RequestId>
  <Success>true</Success> 
  <Code>200</Code>
</CreateMetricRuleTemplateResponse>

JSON 形式

{
	"RequestId":"9763ED1A-4D09-41BF-851E-310421750204",
	"Success":true,
	"Code": "200"
}

エラーコード

エラー コードを表示