この操作では、CloudMonitor エージェントのグローバル設定を行います。 たとえば、エージェントの自動インストールまたはワンクリックアラートを有効化することができます。

デバッグ

API Explorer を使用してデバッグを実行できます。 API Explorer を使用することで、さまざまな操作を実行して API の使用を簡素化できます。 たとえば、API の呼び出し、SDK サンプル コードの動的な生成、API の取得をすることができます。

リクエストパラメーター

パラメーター データ型 必須/省略可能 説明
Action String 必須 PutMonitoringConfig

実行する操作。 値を PutMonitoringConfig に設定します。

AutoInstall Boolean 省略可能 true

既存の ECS インスタンスにエージェントを自動的にインストールするかを示します。

EnableInstallAgentNewECS Boolean 省略可能 true

新規購入した ECS インスタンスに対してエージェントの自動インストールを有効化するかを示します。

レスポンスパラメーター

パラメーター データ型 説明
Code Integer 200

ステータスコード。 値が 200 の場合、呼び出しが成功したことを示します。

Message String success

エラーメッセージ。

RequestId String E9F4FA2A-54BE-4EF9-9D1D-1A0B1DC86B8D

トラブルシューティングのリクエスト ID。

Success Boolean true

呼び出しが成功したかを示します。 値が true の場合、呼び出しが成功したことを示します。 値が false の場合は、呼び出しが失敗したことを示します。

リクエスト例


http(s)://[Endpoint]/? Action=PutMonitoringConfig
&<Common request parameters>

通常のレスポンス例

XML形式

<PutMonitoringConfigResponse>
  <RequestId>E9F4FA2A-54BE-4EF9-9D1D-1A0B1DC86B8D</RequestId>
  <Success>true</Success> 
  <Code>200</Code>
</PutMonitoringConfigResponse>

JSON 形式

{
	"RequestId":"E9F4FA2A-54BE-4EF9-9D1D-1A0B1DC86B8D",
	"Success":true,
	"Code": "200"
}

エラーコード

エラー コードを表示