IaaS とは?

IaaS(Infrastructure as a service)は、広域ネットワーク(WAN)上の仮想化されたサーバー、ストレージ、ネットワークなどのリソースを管理する自動化とオーケストレーションの技術と、オンデマンドのプロビジョニング機能が連携されたクラウドコンピューティングの一つです。ユーザーは、基盤となるクラウドインフラストラクチャ全般の管理や制御を行う必要はありませんが、オペレーティングシステムやアプリケーションなどのユーザーのソフトウェアをデプロイして実行するために必要となるリソースのコントロールは行うことができます。

infrastructure as a service

IaaS のメリットとは?

ビジネス上のメリット

IaaS は、ユーザーが自社のコアビジネスにを集中できるようインフラストラクチャの管理にかかる工数を削減し、その分の人的リソースを最適化することができます。また、正しいサービスレベル(SLA)を定めることによって、費用対効果の高い方法で、高可用性(HA)や事業継続性(BCP)を容易に達成させることも可能になります。

技術的なメリット

IaaS を利用することで、ユーザーはシステムに対する需要の変化に応じてインフラストラクチャの処理能力を自動的に増減させることができます。また、請求(Billing)、監視、ログアクセス、セキュリティ、ロードバランシング、クラスタリングなどの必要な機能を利用することができます。

コストメリット

IaaS は、柔軟な課金モデルを実現しています。IaaS は基本的に、従量課金(ペイ・アズ・ユー・ゴー)と月額課金(サブスクリプション)モデルがあります。従量課金(ペイ・アズ・ユー・ゴー)モデルは、1 時間あたりの使用量など、リソースの消費量に基づいて課金されます。月額課金(サブスクリプション)モデルは、ユーザーのためのリソース予約期間に基づいており、請求金額は実際の利用量によらず期間で定額です。

関連情報