エッジコンピューティングとは?

エッジコンピューティングは、エッジノードと呼ばれるデバイスを統合する分散コンピューティング の概念で、データをデータの収集元の近くでリアルタイムに処理、分析 します。エッジコンピューティングでは、データをクラウドや中央のデータ処理システムに直接アップロードする必要はありません。

edge computing

エッジコンピューティングを使う理由

多くの企業のパブリッククラウドやプライベートクラウド環境では、データを集中ストレージに格納し、管理し、分析を行っています。しかし、これまでのインフラストラクチャやクラウドコンピューティングでは、実際に多くのアプリケーションの要件を満たすことができなくなってきました。例えば、IoT(Internet of Things)IoE(Internet of Everything)の場合、大量のデータをリアルタイムで処理するためには、待ち時間が最小化された可用性の高いネットワークが必要です。これは、従来の IT インフラストラクチャでは不可能な点です。ここで、エッジコンピューティングの利点が明確になります。

エッジコンピューティングのメリット

エッジコンピューティングでは、データはデータ収集元の近くで処理されるため、データをクラウドやオンプレミスのデータセンターに転送する必要はありません。この方法により、ネットワークとサーバの両方の負荷が軽減されます。
リアルタイムでデータを処理する能力とレスポンスタイムの速さにより、エッジコンピューティングは、IoT(特に産業用IoT:IIoT)の分野に適しています。エッジコンピューティングのテクノロジーは、製造業向けのデジタルトランスフォーメーションを加速するだけでなく、AI(人工知能)機械学習(マシンラーニング)といった多くの革新を可能にします。

エッジコンピューティングとクラウドコンピューティングの違い

クラウドコンピューティングとエッジコンピューティングの主な違いは、どこでデータが処理されるかという点です。クラウドコンピューティングでは、データは中央で収集、処理、分析されます。一方、エッジコンピューティングではデータはローカルで収集、処理、分析される分散コンピューティング環境をベースとしています。クラウドコンピューティングとエッジコンピューティングのどちらかを選択する必要はありません。それらは互いに競合するものではなく、互いに補完し合い、アプリケーションのパフォーマンスを向上させるために連携します。
Alibaba Cloud の IoT Platformは、さまざまな IoT シナリオと業界の開発者を支援するエッジコンピューティング、およびそれらの関連機能を提供します。 ※日本サイトはIoTエッジコンピューティングはまだリリースされていません。(2019年3月時点)

関連情報