ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンの紹介

ビットコイン(Bitcoin)は誰もが知る話題となっており、価値を保存したり取引の代金を払うためのフィアット通貨(法定通貨)と金(gold)を完全に置き換えることができ、ビットコインの価値がその限られた供給のために天文学的な高さに達するかもしれないという主張や予測もあります。この記事では、ビットコインの原動力となるテクノロジーであるブロックチェーン(Blockchain)の解説を目的としています。また、このテクノロジーの革命的な可能性があるのかについても言及しています。
ブロックチェーンの何が特別なのかという疑問が出てくるかもしれません。一部の大企業の CEO や有識者の間で、ブロックチェーンが世界を変え、ブロックチェーンの技術を開発するための投資が増え続けていると信じられているのは何故でしょうか。
ブロックチェーンの理解にあたり重要なのは、参加者に共有されるパブリックのデータベースとして視覚化されていることです(ただし、ブロックチェーン技術はプライベートにデプロイされるためアクセスが制限されます)。参加者はそれぞれ自分のコンピュータをからブロックチェーンのネットワークに接続し、全員がこのデータベースと同一のコピーを保持しています。つまり、ブロックチェーンの基本原則の一つは、情報が透過的であり、ブロックチェーンのネットワークのすべての参加者が同時に利用できるというところです。
ビットコインは最も有名な公共ブロックチェーンの一つであることは間違いありません。基本的にはブロックチェーン技術を利用し、通常の通貨と同じように商品やサービスの支払いに利用可能なデジタル通貨をユーザーに提供し、価値の保存方法として機能します。ビットコインネットワークは一般に公開されているため、誰でも利用できます。

ブロックチェーンの主要な機能

ブロックチェーンが単なるデータベースであるならば、何が特別なのでしょうか?この疑問に答えるために、ブロックチェーン技術特有の機能について見ていきます。
  • セキュリティ
    ブロックチェーンは暗号化的に安全なデータベースです。 データベースに情報を読み書きするには、ユーザーは正しい暗号鍵を持っている必要があります。キーはペアになっており、データベースを識別するパブリックキーと、適切な参加者だけがデータベース内の情報を更新できるようにするプライベートキーです。これにより、情報を読んだり更新したりすることを意図した人々が情報を利用できるようになります。さらに、参加者を選択するためにブロックチェーンを非公開でデプロイして、ブロックチェーンの情報を表示または更新できるユーザーへのアクセスを制限することもできます。
  • 分散型と非中央集権型(Distributed and Decentralization)
    ブロックチェーンのもう一つの主要な機能は、単一障害点がないことです。ブロックチェーンのネットワーク上の複数ノードで障害が発生した場合でも、他のノードはデータを保持し続け、ネットワークは動作し続けます。これはブロックチェーンが非中央集権化(Decentralized)されていることを意味します。誰もそのネットワークを「所有」していません。ブロックチェーンは、情報がピアツーピアネットワーク上の複数のデバイスに存在し、それぞれが同一の台帳のコピーを複製して保存し独自に更新するため、分散台帳とも呼ばれます。
  • 改ざん不可能
    ブロックチェーンは、データが情報のブロックとして格納され、これらのブロックが「チェーン」に似た方法で互いにリンクされているという仕組みに由来しています。新しい情報はブロックとして一緒に更新され、前のバージョンに追加され、不変の改ざん防止レコードを作成します。ブロックチェーンのこの特性は、情報を変更せずに保存する必要がある場合に適しています。
  • コンセンサスアルゴリズム
    参加者全体が取引の整合性を合意しない限り、情報はブロックチェーンで更新できません。原理的に、このコンセンサスドリブンのモデルでは、誰もデータを管理して不正な取引を作成することができません。
ブロックチェーン技術は、ある面では従来のデータベースには向いていないかもしれませんが、ある面では理想とされる独自の機能を持っています。次に、ブロックチェーン技術が革新的なソリューションを推進し、社会が直面している課題を解決できるユースケースを探ります。

ブロックチェーンの主要なユースケース

ブロックチェーンは、まだデジタルの価値が完全には実現されていないユースケースで、トランザクションのデジタルログとして利用することができると考えられます。現在、世界で開発中のユースケースは数百ありますが、いくつかの主な使用例を挙げます。
  • リアルタイムのトレーサビリティ
    現在、オブジェクトやアクションのトレーサビリティを構築することは非常に困難です。小売業界では、サプライチェーンプロセスを完全に把握することが大きな課題となることがあります。製品の品質や安全性の問題が発生した場合、影響を受ける製品を追跡してリコールすることや、説明責任のある企業を特定することは困難です。さらに、情報は常に偽造や改ざんの危険にさらされています。ブロックチェーン技術は、分散台帳により透明で不変の情報を提供することで、これらの問題を解決できます。
  • デジタル記録の保持 / デジタル本人確認
    デジタル記録を恒久的に保持しなければならないシチュエーションは多岐にわたります。たとえば、地方自治体が住民登録を保持するケースがあります。ブロックチェーン技術はこういった情報の記録に役立ちます。確実に情報が改ざんされないようにし、許可された人々のみがアクセスできるよう制限します。ブロックチェーン技術は同様に、個人や企業における不変のデジタル ID の作成にも適用できます。
  • スマートコントラクト
    ブロックチェーン技術の有望なユースケースとして、スマートコントラクトの実装があります。スマートコントラクトは、特定の条件が満たされると自動的に実行されるため、第三者からの外部入力がなくても契約内の特定の取引が容易になります。スマートコントラクトは、金融取引、資産や証券管理、法務など非常に広い範囲にわたって適用できます。
ブロックチェーン技術を応用することで、ゲームチェンジが起こり、そして実際の世界中の問題を解決する可能性があります。しかし、企業がブロックチェーン技術を使用して製品やサービスを構築しようとする時、自社でシステムを構築できる適切な人材が不足するという課題に直面します。

Alibaba Cloud の Blockchain as a Service (BaaS)

Alibaba Cloudは、最先端のブロックチェーン技術に基づいたBlockchain as a Service、及びエンタープライズレベルのプラットフォーム(PaaS)をサービスとして提供しています。このサービスは、ユーザーが安全で安定したブロックチェーン環境を構築し、ブロックチェーンソリューションを容易に展開、運用、保守、開発、管理するのに役立ちます。企業は、インフラストラクチャの管理ではなく、ビジネスの革新に集中することができます。
Alibaba Cloudが提供するブロックチェーンの詳細については、Blockchain as a Serviceを参照してください。

関連情報