パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウドの違いとは?

パブリッククラウド

パブリッククラウドは、幅広く個人でも企業でも使用できるように作られたクラウドインフラストラクチャです。サードパーティであるパブリッククラウドプロバイダは、基本的にはインターネット経由でアクセスできる仮想環境内に用意したサーバーを貸し出します。ユーザーは、クラウドサーバー、データストレージ、その他の関連するパブリッククラウドサービスを購入し、上記のサーバー環境にアクセスして利用します。 パブリッククラウドは、低コストのクラウドコンピューティングソリューションであり、中小企業や変動する需要がある企業に適しています。支払いは従量課金モデルで、ユーザーがハードウェア資産を持つ必要はありません。

プライベートクラウド

プライベートクラウドは、単独の企業に専用クラウド環境を提供するクラウドコンピューティングのモデルです。企業のファイアウォール(FW)の内側にある社内の IT 部門が社内で運用できるため、自社のコンピューティングリソースを細かくコントロールできます。また、セキュリティが高く、主に企業で利用されるため、エンタープライズクラウドの一種と見なされています。プライベートクラウドは、オンプレミス、シェアードデータセンター、パブリッククラウドプロバイダーのデータセンターいずれも利用できます。但し、パブリッククラウドに比べて高コストになります。

ハイブリッドクラウド

ハイブリッドクラウドは、VPN 接続や専用回線といったセキュアなネットワーク接続により、パブリッククラウドとプライベートクラウドを組み合わせたクラウドコンピューティングのモデルです。これにより、異なるクラウド環境の間でデータやアプリケーションを共有することができます。プライベートクラウド上で実行されているアプリケーションの使用量が急増すると、自動的にパブリッククラウド環境に「バースト」して必要に応じて追加キャパシティを利用できます。これは「クラウドバースト」と呼ばれます。追加分のリソースはパブリッククラウドにあるため、ピーク需要に対応するために事前にハードウェアをプロビジョニングする必要はありません。パブリッククラウドとプライベートクラウドを接続する方法は 2 つあります。VPN と専用線接続(Express Connect)です。

パブリッククラウドプライベートクラウドハイブリッドクラウド
サーバーのプロビジョニングNoYesYes
メンテナンス人員の必要性NoYesYes
拡張性YesNoYes
自在な管理NoYesYes
テナントマルチテナントシングルテナント両方
ストレージ容量無制限上限ありクラウドバーストで無制限
コスト
利用例Web, Email, CRM, コラボレーション, HRERP, R&D, BI, SCM, 分析コールセンター, リモートサイト, 銀行

関連情報

オンプレミスのデータセンターとクラウドインフラストラクチャ間の高速でセキュアで安定した専用線接続を実現するために、Express Connect をどのように利用すべきでしょうか?